« 2011年度の暖吉くんスイッチオン | トップページ | 空気を感じないのが気持ちいい »

2011年12月 1日 (木)

これから家を建てるなら

これから家を建てるなら、

「断熱と気密がしっかりしていて、だからこそ換気が上手に設計されている」

ということが、どういうことなのかを知り、

なおかつ、体感(※)して

その上で、自分たちはどんな家を望むのかを、決めてゆく。

ということが、大事だと感じました。

住み心地を知るには、あれこれ想像するより、
どのような建て方・設備で実現している室内環境なのかを知り、
その家を体感するのが一番わかりやすいと思います。


日経BPケンプラッツ2011/12/1の記事(追記2012/1/20:いつの頃か、有料になっているのに気づきました)を読んで、感じたことです。

 断熱不足を認めて省エネ基準といえるのか
 省エネ義務化、南雄三氏の懸念(9)


※体感
わが家を建てた横田建設さんの場合、
「住み心地体感ハウス」 があります。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方の家造りブログランキングが表示されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

|

« 2011年度の暖吉くんスイッチオン | トップページ | 空気を感じないのが気持ちいい »

070 住み心地」カテゴリの記事

445 断熱・気密」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
家の断熱性能がこんなに大事だったとは、
住んでみてから初めて知りました。
住み心地に大きく関わりますね。

住み心地体感ハウスっていいですね!
ホント、経験してみないと分からないことってありますね。

投稿: umeka | 2011年12月 2日 (金) 17時45分

umekaさんこんにちは。
リンクを開いたら、畳リビングのブログ。
web内覧会におじゃましました。
大工さんの手造り感(実際そうだと思う)あふれ、すっきりとした感じが気持ちよさそうです。
旦那さんの窓や壁の断熱への配慮があって鋳物の薪ストーブが生きてくることが分かりました。
それにしても、薪が調達できてストーブが使える環境はうらやましいです。
薪を使うと、CO2が大気と木の間を行き来するだけなので、地中に埋まっていた原油やガスから増えることがありません。このことを知ってから薪を使える環境がうらやましくなりました。
せいぜい、うちは節電します。

投稿: たかお | 2011年12月 2日 (金) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173993/53376556

この記事へのトラックバック一覧です: これから家を建てるなら:

« 2011年度の暖吉くんスイッチオン | トップページ | 空気を感じないのが気持ちいい »