« 3月の室温・湿度<寒暖の差を和らげる家> | トップページ | 西日の当たる玄関ドアの断熱 »

2011年6月 6日 (月)

外からドアを開けるとちょっと涼しく感じる有り難さ

梅雨の合間で、曇り時々晴 → 曇り →雨 という天気の6月5日でした。

お昼頃は29.8℃で、この日の最高気温でした。

外から玄関ドアを開けてはいると、ちょっと涼しく感じます。(エアコンはOFFです)

家の中は、朝からの温度25℃前後を保ってくれるので、
外が暑くなると、下のグラフのように4℃ほどの差になるのが、
ちょっと涼しさを感じる理由です。

今の時期は、朝夕、外気温が部屋より低く気持ちよさそうだと窓を開けます。
それ以外は、閉めます。
窓を閉めても換気装置は動作させているので、こもる感じも無く快適です。

20110605_up


 今でも覚えている強烈な印象は、
依頼先の、横田建設さんの以前の体感ハウスのドアを開けて入ったときです。
(今の体感ハウスには、夏にお邪魔したことが無いのですが同じだと思います)

 ちょうど今頃の季節だったか、雨上がりの晴天で蒸し暑い中、体感ハウスはすべての窓が閉め切ってあるのに、社長さんの案内の後を、玄関から入ったとたん、”ひんやり”するのです。
 その頃の私のなかでの常識は、閉め切った家の中は車ほどで無くとも、ムーッとするのだと思っていたのですが、ひんやりとしたことに、カルチャーショックにも似た感じでした。
これが高気密・高断熱ということなのかと、まさに体感したのです。

 我が家も住み始めて3年目で、快適さが日常化して(贅沢なことです)しまっているところがありますが、あらためて温度を記録してグラフにしてみると、室温の変化が緩やかなのは、本当に有り難いことです。
 またジメジメした感じも少ないので湿度も記録しようと思うのですが、そこまで測定器具を揃えていないのでお伝えできず残念です。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方の家造りブログランキングが表示されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

|

« 3月の室温・湿度<寒暖の差を和らげる家> | トップページ | 西日の当たる玄関ドアの断熱 »

070 住み心地」カテゴリの記事

445 断熱・気密」カテゴリの記事

455 温度・湿度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173993/51867897

この記事へのトラックバック一覧です: 外からドアを開けるとちょっと涼しく感じる有り難さ:

« 3月の室温・湿度<寒暖の差を和らげる家> | トップページ | 西日の当たる玄関ドアの断熱 »