« web内覧会-15<風の通り抜け> | トップページ | Low-Eガラス特殊金属膜・選択的に透過って何? »

2011年1月17日 (月)

住み心地 日射利用(南のLow-Eは遮熱or断熱?)

前回は、季節はずれの「風通し」の話題でした。

今回は、ありがたいおてんとうさまの利用です。

我が家は、太陽の恵みを活用する、太陽熱温水・太陽光発電の設備がありません。
ありふれていますが、日差しを利用しています。

朝、17℃の居間が日差し(+生活の熱)で、昼には20℃くらいになります。
天気が良ければ、21℃近くになります。


■カーテンを開け放ちます。
 外より部屋の方が暗いので、外から部屋の中がそれほど見えません。
 1101160024


 南の掃き出し窓のLow-Eガラスは、遮熱にするか断熱にするか迷った末に、遮熱にしています。夏に、南面道路と駐車場からの照り返しの対応を重視して、遮熱タイプにしました。

 が、真夏の日差しは、2階のベランダが庇代わりになって遮り(注1)、道路などの照り返しをそれほど恐れなくとも、なんとなれば、外付けブラインドシャッター(注2)を利用すれば、冬の日射を優先させて断熱タイプでも良かったのでは、と、住んでからも迷っています。
注1)「スラスラわかる断熱・気密のすべて」の193ページに、東京での夏の真南の入射角65~75℃で、庇の出は90cmくらいで十分と記載。
注2)外付けブラインドシャッターは、web内覧会-8<子供部屋> の後半 ■西日対策 をご覧下さい。


 断熱タイプのガラスの方が日射を通しやすいので。
外からの日射を1とすると、Low-Eペアガラスの遮熱は0.41、断熱は0.62分が室内に放射されるそうです。(「スラスラわかる断熱・気密のすべて」の183ページ)

※Low-Eペアガラスの遮熱・断熱(特殊金属膜のコーティングの位置の違い)
Photo_2 

また、ある本では、東西を遮熱タイプ、南北を断熱タイプと書いてあり、迷っていたのです。

といっても、遮熱タイプのLow-Eガラス越しの日射でもぽかぽか感じます。
なので、うつらうつらと夢心地で、ごろ寝してしまいます。

これから建てる方は、設計の人と良く相談して決断されるのがよいと思います。

周囲の建物の高さや、道路などからの照り返しなど、建てる土地の状況にもよりますし、住む人が暑さ/寒さのどちらが苦手かにもよりますから。

なんだか迷わせる終わり方になってしまいました。
我が家は南に2つの掃き出し窓があるので、断熱と遮熱にして、比べてみれば良かったかもしれませんね。(いやいや、メーカーのショールームが再現すれば良いんですよ!)



●注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方の家造りブログランキングが表示されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

|

« web内覧会-15<風の通り抜け> | トップページ | Low-Eガラス特殊金属膜・選択的に透過って何? »

070 住み心地」カテゴリの記事

455 温度・湿度」カテゴリの記事

コメント

たかおさん、こんにちは

たかおさん宅は遮熱タイプでも暖かさを感じるんですね。
我が家は、ほとんど暖かさは感じないと言っていいほどです。

なので、輻射熱の蓄熱暖房機に憧れるんですよね。

遮熱・断熱の使い分けに関する私なりの結論はこちらです。

 →Low-eガラス、遮熱と断熱の東西南北使分け
  http://sea.ap.teacup.com/kokko/227.html

投稿: kokko | 2011年1月19日 (水) 01時22分

kokkoさんこんにちは。
kokkoさんのお宅が南からの日射の暖かさをほとんど感じないのは、うちのガラスが遮熱じゃないからか?
ガラスに刻まれた型式を確認しているのでそんなことはないはずですが。
蓄熱暖房機はエアコンのヒートポンプによる暖房より効率は良くありませんが、寒くない程度の温度(16~18℃)を1日中維持しているので、ありがたいです。その代わり、うちの冬の電気代は1万7千円/月程です。
夏は8千円程度だったか。
(家族構成や、お風呂の入り方、IHの使い方、使用時間帯など、電気代の変動要素は沢山ありますが)

投稿: たかお | 2011年1月19日 (水) 22時45分

こんばんは

私のブログにもコメントありがとうございました。

遮熱と断熱が間違って納品ていうことは、まず、ないとは思いますが、見分け方は簡単ですので試してみられるといいですよ。

 Low-eガラス、遮熱と断熱の見分け方
 → http://sea.ap.teacup.com/kokko/224.html
 

投稿: kokko | 2011年1月20日 (木) 01時08分

たかおさん、こんばんは

色味がはっきりわからないというのは、ガラスの色がかなり透明に近いのでしょうか?

それなら、割と暖かさも感じるのかもしれないなぁなんて考えてみましたが、、、

投稿: kokko | 2011年1月22日 (土) 04時16分

ガラスメーカーのホームページを見ると、緑や青、クリアなどあるようです。
うちのガラスの色味は、今度ブログにしてみようかな。
コンパクトデジカメだと、ピント合わせがむつかしそうですが。
部屋から外を見るより、外から見た方が緑色が濃く見えます。

投稿: たかお | 2011年1月23日 (日) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173993/50615588

この記事へのトラックバック一覧です: 住み心地 日射利用(南のLow-Eは遮熱or断熱?):

» Low-eガラス、遮熱と断熱の東西南北使分け [ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記]
 遮熱・断熱、東西南北の使い分け  さて、前回、前々回とLow-eガラスの記事を書いてきましたが、実際、東側・北側にもLow-eガラスを入れたいと考えた時、直面するのが、遮熱タイプがいいのか?断熱タイプがいいのか?という問題です。  私もかなり研究しましたが、これがよく分からない。  専門家のガラス屋さんに聞いても、「断熱性を重視するなら断熱Low-eガラスがベターですよ。」との回答  これって、おかしくないですか?    ネットでどこのデータを見ても、断熱性能は遮熱Low-eガラスの方が... [続きを読む]

受信: 2011年1月19日 (水) 01時13分

« web内覧会-15<風の通り抜け> | トップページ | Low-Eガラス特殊金属膜・選択的に透過って何? »