« 1年間の電力消費の変化(電気のシェイプアップカルテ) | トップページ | 住み心地(寒かった昨日は、部屋の温度はどうだったかな) »

2011年1月10日 (月)

住み心地(室温:1日の変化)

■部屋の温度差

昨年(2010年)12月28日 (火)のブログ 「住み心地(室温)」では、
「家の中のどの部屋の温度も、だいたい同じ」ということを確かめました。

結果、昼の12時頃の各部屋の温度は、19.3~20.2℃でした。
  1階:玄関・リビング・トイレ・洗面所・風呂場
  2階:トイレ・子ども部屋・和室
  小屋裏


何度も書いてしまいすが、

 温度差が少ない(バリアフリー)と、引き戸を開け放しにでき、狭い家でも広く感じられます。

 4LDKという表現のような独立した「部屋」という感覚よりも、
食事を作る場所・食べる場所・用を足す場所・体を洗う場所・寝る場所というような、間取りを考えるときの「ゾーン」のイメージ、仕切らずつながっている一体感のなかで暮らしている感覚です。(ブログなので個人的な感想です)

・例えばトイレ
 スリッパでなく、裸足で歩きたいので(今の冬の時期は靴下を履きますが)、このつながっている一体感は有り難いです。
 廊下とトイレに段差が無く、温度差もほとんど無く、床のフローリング材も連続しているので(無垢と複合の差はありますが)、トイレもスリッパは履きません。
 加えて、24時間換気装置で空気も段差がない(匂いがこもらず澱まない)ため、極端なことを言うと、トイレは居間の隅に便器が置いてあるという感覚です。
 すると、トイレが居間同様、快適な場所になります。「臭いものに蓋をする」ことができなくなるので、汚れた都度ちょっと拭いて、自然といつもきれいにしようと思います。
 (もちろん、その人の心がけ次第で、寒くスリッパを履くトイレでもきれいなトイレは沢山ありますが)

・他の場所も
 ・夜、寝室から廊下を通ってトイレへ
 ・朝、目覚めて、寝室から階段・廊下を通って洗面所へ
 ・呼び鈴が鳴って、居間から玄関へ。玄関でちょっと立ち話。
 ・洗面所で脱いで風呂場へ。風呂からあがったらその逆。
 いずれも、居間の延長です。
 (風呂場はちょっと違うけれど、温度は居間とほぼ同じなので、居間→洗面所→風呂場 の移動に苦はありません)

なので、
 ・寒いトイレに行きたくないな~。
 ・寒いから早く戸を閉めなさい。
ということがありませんから、ゆったり感があります。

・妻の両親の感想
 昨年の正月に泊まりに来たとき、いつも夜中に目を覚ますおとうさんが、1回も目覚めずに朝までぐっすり寝られ、驚きと共に喜んでおられました。
普段は寒さで目が覚めていたんでしょうか。喜んでもらえて建てた甲斐がありました。

・冬の布団
 子どもの時は、冬寝るとき、布団が冷たいので(冷えた押入に入っていたから)、コタツに潜って体を温めてから布団に縮こまって入り、冷たい布団が体温で暖められるのを待ちながら、そのうち寝てしまっていました。毛布2枚に掛布団は必要でした。今は、体温より低いのは当たり前ですが、昔のように冷たいと感じることはありません。
 一番いいのは、干した布団を取り込んで暖かさが残っている間に寝ることですが、時間が早すぎます。

■時間経過の温度差
 今度は、1階リビングの1日の温度変化を、外気温と合わせて測定しました。
(温度計の30分毎12時間のログ機能を利用して記録しました)
2011010810_2 



・外気温の影響が多少ありますが、室温はおよそ18~21℃くらいで上下しています。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方の家造りブログランキングが表示されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

|

« 1年間の電力消費の変化(電気のシェイプアップカルテ) | トップページ | 住み心地(寒かった昨日は、部屋の温度はどうだったかな) »

070 住み心地」カテゴリの記事

455 温度・湿度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173993/50530632

この記事へのトラックバック一覧です: 住み心地(室温:1日の変化):

« 1年間の電力消費の変化(電気のシェイプアップカルテ) | トップページ | 住み心地(寒かった昨日は、部屋の温度はどうだったかな) »