« 住み心地(室温) | トップページ | 湿度計の劣化・誤差 »

2010年12月31日 (金)

住み心地(湿度:過乾燥・結露)

湿度は、複数の要因が複合し、
さらに個々の要因の状況が、それぞれのお宅によって異なるため
複雑だと感じています。

長くなったので要約をつけました。
<<要約>>
■冬の湿度はどれくらいか?・・・うちの場合
 今年の12月29日朝は、1階35%、床下39%だが、
 昨年同日朝は、それぞれ20%高い。
 理由は、基礎のコンクリートや、水分を蓄える機能のある材質の建材が、水蒸気を放出していたことしか思い浮かばない。

■過乾燥 (高気密・高断熱の場合)
 うちが、加湿器を使わず過乾燥とはいえない理由を9つ上げた。
 主な理由は、室温を18~21℃と低めにしている、透湿・調湿する内装材を多用し、第1種の全熱交換式の24時間換気のためある程度湿度を保っていること、と考えた。

■結露
 抑制策は、10℃以下の部屋をつくらない、24時間換気システムを稼働させるなど湿気をこもらせない、サッシ枠は熱を伝えにくいものにする(これから建てるか・リノベーションしなきゃできないか)。
 もしくは、昔の寺社のように建物を守る方に重点を置き、風通しをよくする。(人に堪える)



<<本文>>
■冬の湿度はどれくらいか?・・・うちの場合

我が家も、1年前と今という違いだけなのに、湿度がかなり違っています。

<12月29日朝6時半> (湿度は相対湿度)

    外気温  1階室温 1階湿度 床下温度 床下湿度
----  ------    --------  -------- --------  ---------
去年 7.5℃  18.9℃  51%  17.0℃  61%

今年 7.9℃  18.5℃  35%  17.0℃  39%
----  ------    --------  -------- --------  ---------

・お風呂残り湯を捨てていました。
・夜、洗濯せず、室内干ししていません。
・加湿器は使っていません。
・同じ温度・湿度計を使い続けています。(湿度計の誤差範囲±2%)

この違いは、基礎のコンクリートや、水分を蓄える機能のある材質の建材が、徐々に乾燥して水蒸気を放出していたとしか、説明のしようがありません。

去年の12月29日だけでなく、この前の冬は全体として、上のような高めの湿度でした。

我が家の換気は第1種全熱交換式なので、
外気を取り込むときに、室内の温度と湿度をある程度乗せ(加え)ます。

外気の相対湿度は測定していませんが、
温度の方は、上記、今年の12月29日の場合
外気7.9℃→[換気装置の全熱交換]→給気17.0℃ ~暖房~ 1階室温18.5℃
と言う具合です。

換気装置から出てくる給気の温度が17.0℃が床下の温度と一致しているのは、偶然です。
・床下は基礎断熱しているため、外との換気口は無いです。
・床下の温度は12月は18℃から17℃に下がり、1月はさらに16℃までゆっくり下がります。基礎のコンクリートが断熱され、地下の熱の影響もあるのか(不明ですが)、温度変化は外気の影響を受けにくく、緩やかです。


■過乾燥 (高気密・高断熱の場合)
我が家はそれほど、乾燥がすぎる程ではありません。

<あまり乾燥していない理由>
1)換気装置の全熱交換で、室内の湿気がある程度保たれる。

2)夜、洗濯したら室内干ししている。

3)夜、乾燥気味だと思ったら、風呂の残り湯を捨てず、風呂フタを一晩開けて浴室の戸も開けておく。
  これで35%が40%くらいまで上がります。湿度を上げすぎると家によくないです。
  (設計の打ち合わせ段階で、風呂の残り湯を使いたい話をしたときに、
   依頼先の横田社長さんに、いけませんねと指摘されました。
   率直に話していただけたことがよかったです)

4)透湿・調湿性の比較的高い内装材を使っている。
  ・壁のクロスは布。
  ・接着剤は小麦粉を加工したもの(製造元に透湿性を確認しています)
  ・玄関周り・トイレ・洗面所・和室・クローゼットはシラス壁
  ※以上により、室内の水蒸気が、石膏ボードや構造材(無垢)とやりとり(調湿作用が)されやすいのかもしれない。
  ・フローリングと窓などの枠材は、無垢で蜜蝋塗り(調湿効果)

5)金魚の水槽から若干水蒸気が発生する。ヤカンで水を1リットル弱足しています(1~2回/月位)
  ※もし熱帯魚なら水温が28℃前後なので、かなり水蒸気を出します。

6)道を隔てて、幅10m弱の川が流れているので、外気の湿度が他よりも高いかもしれない。

7)冬の室温を、朝方17℃~日中21℃に抑えている。
  →相対湿度は下がりにくいので、乾燥したと感じにくい。
  →上の12月29日の場合、6.5℃上げ、室温を25℃にすると相対湿度は23.5%に下がります
   ※湿り空気線図のフリーソフトは、”空気線図 フリーソフト”とgoogle検索するといくつかあります。

8)観葉植物
  ちっちゃなシャコバサボテン1鉢だけなので、無視できる範囲ですが、
  よく蒸散する植物の鉢が多いと、加湿効果がありそうです。
  (水やりの分だけ潤う)

9)総床面積あたりの住んでいる人数
  うちは、4人で、総床面積は120m2程。
  人数が多ければ、生活に使う水(煮炊きも含め)や、呼気の水蒸気総量も多い。

逆に、
<乾燥する原因として考えられること>
1)オール電化
  ガスや灯油が燃えるときに発生する水蒸気が無い。
  ◎オール電化の家で、灯油を燃やすファンヒータを使ってはいけない。事故のもと。
  (ガス管は引き込んでいないので使えない)

2)室温が高め。(家でもWARMBIZするかって。うちは結果として約20℃です)

3)人数の割に家が広い。(うらやましいです)

4)上記の<あまり乾燥していない理由>に該当しない場合
  (言い切れないですが)



■結露
 我が家は通常は、結露が発生しません。
 次の条件の時にどうなるか、試したときにガラスの下の方の隅に、
 うっすらと非常に細かい水滴(というより、はーっと息をかけたときのような状態)が付いていました。
  ・夜間、洗濯物(いつもより多め)を、室内干しした。
  ・24時間換気装置を止めた。
  ・蓄熱式暖房機の強さを大から中に弱くした。
「もう、しません(u_u。) 

以上の試みと、通常の生活の違いから分かったことは、
24時間換気装置は全熱交換でも水蒸気が幾分かは外に逃げて絶対湿度が上がりにくくなるので(湿気がこもらない)、冷たい部分(うちは窓ガラス)が露点に達しにくく(湿度が上がりにくくなれば結露する温度も低めになるので)、結露しにくいのではないかということです。
(あたりまえだ!と言われそうですが)

※部屋の中で空気がこもりがちで露点まで冷たくなる場所は、結露の可能性有り。
 前のブログに雑誌から書き出しましたが、10℃以下の部屋があると結露もありえそうです。
 押入、タンスの裏もよく指摘されます。
 アルミサッシ(樹脂複合でないもの)は、冷たいです。
 昔の団地なら、鉄サッシも冷たく結露が当たり前で、寒い日は結露がつららになっていました。
 

 ☆20~10年前独身時代の軽量鉄骨アパート住まいでは、結露はありませんでした。
  断熱も気密もほぼ無く、外と同じだったからです。
  吐く息が白く、台所に残っていた水が凍っていたのに驚き、寒さでよく目を覚ましました。
  

※結露について知りはじめると、よどみ、水蒸気の粒の小ささと拡散性、建材の透湿性、露点、湿り空気線図が鍵だと感じてきました。(あたりまえだ!と言われそうですが)

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方の家造りブログランキングが表示されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

|

« 住み心地(室温) | トップページ | 湿度計の劣化・誤差 »

070 住み心地」カテゴリの記事

440 換気」カテゴリの記事

445 断熱・気密」カテゴリの記事

455 温度・湿度」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます!!!
今年もよろしくお願いします!!!

>結露について知りはじめると、よどみ、水蒸気の粒の小ささと拡散性、建材の透湿性、露点、湿り空気線図が鍵だと感じてきました。
なるほど、わが家が結露しないのは空気工房(セキスイハイムの全館換気システム)で空気の流れが出来ているからなんですね。
こうして当たり前のことといわれそうなことを改めて聞くと何も知らない私は勉強になりました。

投稿: ノリスケ | 2011年1月 2日 (日) 01時11分

ノリスケさん。
今年もよろしくお願いします。
24時間換気システムはしょうがなく取り付けるのでなく、換気の目的を考えて活かせばよいですよね。

投稿: たかお | 2011年1月 4日 (火) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173993/50445592

この記事へのトラックバック一覧です: 住み心地(湿度:過乾燥・結露):

« 住み心地(室温) | トップページ | 湿度計の劣化・誤差 »