« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

引き渡しから1年

1年前の2009年9月28日(月)は、引き渡し日でした。

当時のブログを見ると、ようやく照明を決め、取り付けは後だったのですね。

そりゃ、引き渡し前に全て終わっているべきでしょうが、
考えすぎたこと、決めることに多少疲れていたことも覚えています。

注文する建て主としては、さぼっていたようです。いけません。



家族の希望を実現した住まいは、愛着がわきます。

例えば、家の周囲に敷いた砕石1個にも。
はみ出していたら元に戻すとか。

家の中ならば、床材にすりすりしたり。
マメに窓を拭いたり。



ここのところの秋の長雨で、外気温は20℃以下の時が多く、
室内は23℃前後でしたでしょうか。

今晩は、外は昨日よりは温かく20℃を超え、室内は24℃です。
1009290003

このぐらいの気候が快適です。
暖房するのは11月に入る前後でしょうか。

うちは、夏はシャワーで風呂桶にお湯を入れませんでしたが、
おとといから湯船につかりました。
ほっとします。
でも帰宅が遅いと、残り湯を洗濯に使われ、シャワーになってしまいます。
冬は早く帰らねば。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

web内覧会-14<トイレ1階>

わが家のトイレは1,2階とも0.5坪です。

■1階のトイレをどうしたいか、考えたこと。

1)お客様が使うことがあるので、手洗いを設ける。
 (洗面所には入りにくいだろうし、はいどうぞ。といつもきれいにはしていないだろうから)

2)老後に主に使うトイレなので、手すりを付ける。
 (腰痛もちなので)

3)子どもが小さく、トイレの躾に自信がないので、無垢フローリングはあきらめる。

4)子どもがトイレに一人で入れるように、照明は人感センサーにする。
  (2階トイレも同じ)

■暮らしてみた結果
1)手洗いはつけて良かったです。
  (洗面所をいつも片づけていればよいのですが)

2)まだ若いつもりなので分かりません。

3)2,3回トイレでもらしたり、トイレットペーパーを大量に便器に入れて
 水を流し、あふれさせたことがあります。
 でも、無垢フローリングでも差し障りないと思いました。どっちみち拭き掃除しますから。
 →男の私は小も座って用をたすので、「ハネ」はほとんど無いです。
  独身の時、トイレ掃除を最小限にしたかったので、座ってする習慣になりました

4)トイレの人感センサーはわが家には必要ないと思いました。
  スイッチの位置を子どもが届く低い位置にすれば良かったのです。
  気づいていましたが、新居には新しい物を付けたくなるんですよね。

・玄関から入って左側の突き当たりがトイレです。
 1009230004_3


・引き戸を開けました。
 1009230005
 (トイレの照明に露出が合わされたので、周りが暗く見えてしまいました)


・2階と同様、引き戸に明かり窓を付けました。
 1009230006


・引き戸を開けて入るとこんな感じに見えます。
 (手洗い、手すり、紙巻き器、リモコンがあります)
 1009230009

 ☆手すりや便器の位置は、横田建設の設計のAさんから
   INAXの標準仕様の図面が送られ、変更したほうが良いかと
   確認の機会があったので、当時、賃貸マンションのトイレに座りながら
   メジャーで位置を確認し、図面どおり標準で良いですとお願いしました。


・少し中に入って全体を見ます。
 1009230008



・便器に座って見える側です。
 2階トイレと同様、窓枠は木村さんの柾目カナダツガ
 塗り壁材は「中霧島壁ライト」です。
 1009230017

  タオル掛けを追加しました。(INAXのシンプルな物です)が、
 よく見ると手洗い器にタオル掛けが付いています。

  設備を決めるときに、重複しますがどうしましょうかと、
 横田建設さんから聞かれましたが、
 手を洗い、上の方にタオルがあった方が、しずくを垂らさず拭きやすいので、このままにしました。これで良かったです。

 ☆タオル掛けとリモコン掛けの位置は、工事がほぼ終わり、
  最後に玄関の手すりの位置を決めるときに、合わせて決めて下さいとの事でした。
  便器に座ったり・手洗いの動作をしたりいろいろ試して決め、
  取り付け位置が分かるようにメモを書いて貼りました。

・リモコンを掛ける器具の位置です。
 1009230023
 


・リモコンです。
 おしり洗いは妻専用です。私はほとんど使いません。
 1009230016

 ☆にじのぱぱ日記の話題にしようかと思っていますが、
  おしり洗いは、便座の背中側にも水がはねるので、おしり拭きの他にも
  トイレットペーパーを沢山使ってしまいます。
  雑巾で都度拭くのも大変ですし。



・手洗いを付けたので、タンク上の手洗いは不要です。
 収納の中にタンクが収まっています。
 収納の上に物が置けるのがありがたいです。(あまり置かないようにしていますが)
 1009230011
 収納の台の中央にある黒い■は、便器のフタを開けたときに
 コツンと当たるので、貼り付けたスポンジです。
 白いスポンジに換えた方が見栄えがよいですね。



・収納と言ってもそれほど入りません。左右の扉が開きます。
 <右>
 1009230012_2
 
 <左>
 1009230013



・手洗いの下も、小さな収納です。
 洗剤などを置いています。
 1009230031




・再びリモコンです。
 1009230016_2

 ☆リモコンの電池切れ・故障、便器側の故障、停電のときは
  リモコンでは水を流せません。


・非常用の手動水栓が、右の収納の中に付いています。
 1009230026

・北向きの窓は、気持ちの良い風が入るときに、内倒しに開けます。
 1009230018


・風が弱いけれど、外の空気を入れたいときは、
 控えめに内開きにします。
 1009230021

 ☆トイレの北側窓を開けると、廊下を通じて一直線に、リビングの南側窓まで風が通ります。
  引き戸とシンプルな間取りは、風通しが良いと思います。


人感センサーでなくともよかったかなーの照明とスイッチ(右下)です。
 
 1009230019

  点灯時の照度設定がもう一段暗いところにできると良いと思いました。
 明るめでも(早朝・夕方)点きます。
  天井材は2階のトイレや洗面所と同じ水回りとしての模様を
ダイケンの天井材から選びました。


・フローリングは小さい子の”そそう”を見越して
無垢材を避けましたが
 無垢でも良かったかなーです。

 ダイケンのフローリング ←| →木魂さんの南部本栗(廊下側)
 1009230022

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

web内覧会-13<トイレ2階>

2階のトイレをどうしたいか、考えたこと。

1)極力シンプルに。でも陶器で。KAWAJUNはありません。
 (1階トイレをお客様用として設備にお金を掛けたから)

2)タンクの手洗いは、掃除がするまめさが無いので無いタイプに。

3)従い、隣に洗面台を設けて手を洗う。

4)子どもが小さく、トイレのしつけに自信がないので、無垢フローリングはあきらめる。

以上の結果、さっぱりとしたトイレになりました。


・洗面台の横に、トイレがあります。
1009190013



・引き戸を開けました。
1009190014

シンプルさが良いです。
引き戸は、洗面台側・トイレ側ともにじゃまになりません。


・無垢フローリングをあきらめたのは右側です。左は洗面台側です。
   木魂さん木曽桧 <==|==> ダイケンさんフローリング
1009190012



・INAXのシンプルなトイレです。
 紙巻き器も、INAXで一番簡単なものです。
1009190015

壁は四方とも中霧島壁ライトです。
左官のIさんと塗りのパタンを相談して決めました。
着工後132日の塗り壁の記事もご覧下さい。



・シンプルさを極めると美しいデザインになりませんか?
1009190029



・入り口から見たトイレの窓です。北側です。
1009190017



・無垢の窓枠と、塗り壁がいい組み合わせになりました。
1009190016

わが家の窓枠は全て木村木材工業さんのカナダツガです。
同じ埼玉の木村さんをネットで探せて良かったです。


・ 今頃の季節の良いときは、ドレー・キップ窓を内倒して、外の風を入れます。
1009190018
内開き(横開きしても)でもよいのですが、
向かいの賃貸マンションから丸見えになります)



・引き戸は、念のため明かり窓を追加しました。
1009190024


引き戸の鍵です。
・外側
1009190021



・内側 上げると鍵が開きます。
1009190025

ダイケンのきわざシリーズの引き戸です。
ゴムを取ったあとのゴムの木で作られた無垢+集成材の引き戸です。


最後までご覧頂き、ありがとうございます。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 ボタンクリックでこのブログに点数が入ります。別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

梁と桁の違いは?(その3)~木材へのそれぞれの思い

9月14日のブログ「梁と桁の違いは?」で、

「今さら人には聞けない木のはなし」林 知行 著 の感想を書きました。

日経ケンプラッツ 建築・住宅の
ケンセツ的視点
「木は生きている」という誤解  2010/09/14

は、編集長が著者をインタビューした記事です。

「読者のコメント」が、共感から反感まで様々であることに、興味を持ちました。
木材に対する思いは人により様々ですね。

本1冊読めば、著者に対する印象も変わるでしょうが、
内容が選択される記事では、その記事の出来次第で、
読者にさまざまな思いを抱かせてしまうことがよく分かりました。

「読者のコメント」には、著者本人からと断り書きのあるコメントがあります。
本人だとすれば、この記事が与える印象は、著者の意図からずれてしまったようです。


また、著者も言及しているタイトルは、

 「木は生きている」という誤解
       ↓
 「製材は生きている」という誤解

としなければ、なんのことやらである。

・”木”と言ってしまうと、成長中の木にも死んでいる細胞の部分がある(でもこの場合、1本の木全体を見ると生きているので誤解ではない)。

・建築に使われるときに、材料としての木材が生きているかのような振る舞いに見える(調湿など)場合の木を指しているのか。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

梁と桁の違いは?(その2) 書き忘れた大事なこと

「今さら人には聞けない木のはなし」の本のつづきです。

【その40】梁と桁の違い
 屋根の三角形が見える側が「妻」側。「妻」側の柱の上で横に組むのが「梁」。
 「妻」とは逆に屋根の三角形が見えず屋根が見える側が「平ひら」。
 「平」側の横架材が「桁」。
 
  上棟時の写真で示しました。切妻屋根の三角が正面です。
  09041600572

  屋根の三角の側の妻側が梁です。

  長手方向が「桁」と書かれている本があったように思います。
  寄せ棟・入母屋の場合の考慮からでしょうか。
  方形(ほうぎょう:四方とも三角が見える。四角錐のとんがり屋根で棟木無し)の場合は困ります。
  平らな陸屋根は構造・雨仕舞いの点なのか、木造では採用しにくいようです。

  うちの場合は、梁間方向の方が桁行より長いので、
  長い方が桁とされると混乱します。

  写真の切妻屋根の場合は、「屋根の三角が見える側が梁」です。
  妻側に玄関があるので、「妻入り」です。


■大事なこと
  最も重要なのは「健全な懐疑精神」を持ち続けること と、【その50】の最後に書いてあります。
  ★鵜呑みにしないと言うことです。
  筆者は、半分冗談・半分本気で、【その50】の最後に
  例えば、人間国宝の技能者が言っていることだからといって無条件に信じ込まない方がいい。ましてや、森林総合研究所の研究コーディネータの言っていることであればなおさらである
  と書いて筆を置いている。
  コーディネータとは筆者自身のことである。
  

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

梁と桁の違いは?

本物大好きさんの日記」で知り、読んだ本です。

「今さら人には聞けない木のはなし」林 知行 著
日刊木材新聞社のホームページからのみ、購入できます。
 一般販売して欲しいですね)

1009130001



家造りの本ではないのですが、木に興味のある方は、是非とも読みたくなるでしょう。
50の話題がありますので、紹介しすぎないように、いくつか見てみます。
★部分は私の感想です。


【その40】梁と桁の違い
 ★家造りの入門書を読んでいて、どうもこの違いが理解できませんでした。
  本書での説明は、明快です。
 屋根の三角形が見える側が「妻」側。「妻」側の柱の上で横に組むのが「梁」。
 「妻」とは逆に屋根の三角形が見えず屋根が見える側が「平ひら」。
 「平」側の横架材が「桁」。
 橋桁の「桁」。
 三十三間堂は桁方向に延ばしていった建物。


【その3】木の年輪幅は本当に南側が広いのか
 ★う~ん。どうでしょう。一体誰が広めたんでしょうね。

【その1/14】板目板が反る理由/木材の収縮率が放射方向と接線方向で異なる理由
 ★板目の板の反る理由・原理が、難しかったですが分かりました。

【その6】木材の含水率が一般人の思いつく含水率と異なる理由
 木材の含水率は、木材がカラカラの重量を基準に(乾量基準含水率)計算する。
 木材=全乾の木材(カラカラ)+含有水分 のとき、
   乾量基準含水率=含有水分/全乾の木材(カラカラ) ←こちら
   湿量基準含水率=含有水分/[全乾の木材(カラカラ)+含有水分]
 この理由について書いてあります。

【その11】樹木は生きているのか
 樹木の細胞が隅から隅まで生きているわけではなく、むしろ死んでいる細胞が多い。
 ★私が思いをめぐらして感動したのは、木は死んでいる部分と一体化しながら、
   養分が不要な死んでいる部分の機能を利用して、生存競争に挑んでいること。
   人ならば、髪・爪・歯などの細胞が死んでいたとしたら(知らないんです)
   それと同じ事なのかなと考えていました。

【その20】人は死んだらどうなるのか
 炭素の循環の話です。
 斎場から放出されたCO2を、植物が光合成で取込み、例えば野菜になったら
 それを食べた私は、亡くなった父の炭素を取り込んで、
 体の一部にしているかもしれません。
 輪廻でしょうか。深いですね。

【その23/27】辺材と心材/未成熟材と成熟材
 死んで心材になるとき、蓄積していた養分を防腐・防菌効果の高い物質に変える。
 また、水の通り道を塞いでしまう。この理由も書かれていますが、奥が深いです。

【その33】木の何がすごいのか
 光合成を軽々とやってのけるすごさ。
 (動物にはある)目も神経も脳もないのに、外界を捉え変化に対応している。

【その35】樹液の流れる音は聞こえるのか
 ★う~ん。どうでしょう。

【その36/42】タケについて/イチョウ・ソテツ・タケ・ヤシは針葉樹か広葉樹か

【その37】木材を一旦分解し、それを再構成して木質材料を作る理由
 たて継ぎ材、集成材、合板、LVL(単板積層材)、パーティクルボード、ファイバーボードの製造工程が簡潔に図解されています。

【その39】合板(プライウッド)の何がすごいのか
 ★無垢材好きの方も、合板への理解を広げられるかもしれません。

【その46】建築士はいつどこで「木材」を学ぶのか
 現場での実践で学んだり、独学の方が多いそうです。
 特に大学の建築学科では一級建築士の受験に必須とは言えない木材学に、時間を割きにくいそうです。
 また、建築材料学の教科書における木材関連の記述に間違いが多いとのこと。

【その49】木材利用の意義を若者にどう伝えるか
 若者には、木を伐採して使うことは、環境破壊だとの意識があるとのこと。
 【その3】の話題で、「つかみ」をとって、炭素の固定化に話を向けるとのこと。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月13日 (月)

夏の暮らし(住み心地)

昨年11月3日に引越し、初めての夏は猛暑でした。

1年目なので、エアコンをケチケチせずに点けて試してみました。
(うちは、1,2階の床面積の合計が130m2弱のほぼ総2階です)

■猛烈に暑い日
 外が36℃位の日は、以下のようにし、
 1階の室温が29~32℃位でした。
 30℃前後でも、小屋裏のエアコンが除湿もするので
 相対湿度が60%を下回り、扇風機を併用すると、思ったより暑くありません。
 <エアコン>
  ・小屋裏、24or25℃に設定し24時間運転。だけど、設定温度に
   近くなれば、弱い運転or停止になると思います。

  ・1階は、夕飯や、風呂上がりに26℃前後で一時的に運転。
 <窓>
  閉めきります。室温<外気温 のため。
 <東・西日対策>
  シャッター/ブラインドシャッターを閉めます。
 <1種換気装置>
  風量=弱で24時間運転。

小屋裏のエアコンです。もう少し大きいのでも良かったかもしれません。
1009120008


■暑い日
 外が32℃位の日は、以下のようにし、
 1階の室温が28~30℃位でした。
 やはり小屋裏エアコンの冷房が除湿もするので
 相対湿度が60%を下回り、涼しく感じます。
 <エアコン>
  ・小屋裏、26℃前後に設定(夜は26,7℃)し、24時間運転or適宜消す。
  ・1階は、夕飯や、風呂上がりに26℃前後で一時的に運転。
 <窓>
  閉めきります。室温<外気温 のため。
 <東・西日対策>
  シャッター/ブラインドシャッターを閉めます。
 <1種換気装置>
  風量=弱で24時間運転。



■今晩のような、秋めいた夜
1009120016

22時半ごろ、外が25.4℃、室内は27.5℃です。
(編みぐるみのそらジローは通院先でいただいたものです)

朝晩は、窓からの風が心地よい季節になりました。
窓を開けると、虫の声が秋の訪れを感じさせてくれます。

 <エアコン>
  ・小屋裏、消しました。
  ・1階   消しました。
 <窓>
  1階から小屋裏まで開けます。
  ドレーキップ窓は、写真の様に内倒しにします。
  1009120015


  
  南側の掃き出し窓は、ブラインドシャッターが活躍です。
  1009120011


  
  羽を斜めにして風だけを通します。
  網戸で見にくいですが、上の方から見ると開いてます

  1009120014

  
  人や車の通りがあるので、視線を遮り風だけ通したいときに便利です。
  高い買い物でしたが、それに見合う働きをしてくれるので満足です。

 <東・西日対策>
  シャッター/ブラインドシャッターを閉めます。
 <1種換気装置>
  風量=弱で24時間運転。


★電気代
  8月は約1万円弱でした。
  うちは4歳と1歳半の子どもがいるので、
  適度にエアコンを使わないと、昼寝もつらい夏でした。

★小屋裏エアコンの利点
  ・2階で寝るときに、暑くないし、冷えすぎない。
  ・階段を通じて、1階まで弱いながらも効き、
   家全体の引き戸を開けっ放しておく開放感のまま過ごせる。
  ・わが家では、2階から1階に、弱く下りてくる冷気を、
   1階の階段の脇に扇風機を置いて、1階のリビングに向けて送風していました。
  ・吹き抜けのあるお宅ならば、なお、効果的だと思いますが、いかがでしょうか。

★IV地域の気密・断熱
 ・必要以上の高気密・高断熱は要らないというご意見もあります。
  しかし、IV地域とひと言で言っても、家が密集している地域と、
  林や田んぼが近くにあったりで、熱がこもらない、
  気持ちの良い風が吹く地域では違います。
  予算が許せば、これから何十年も先を考えて、断熱・気密の配慮をするのがよいと思いました。太陽光発電より優先される点だと思います。
 ・窓が開けにくい状況ならば、窓を閉め、室温<外気温 の状況にし、
  なお必要なら、エアコンを利用するのが今年の夏の体験でした。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

web内覧会-12<2階ホール・書斎>

うちは、南北に縦長の敷地です。

2階の間取りを考えていたとき、
南側から部屋を割り当て、1階と同じ位置の北側にトイレを配置しました。

1階のお風呂の上の場所が、
部屋には小さく、納戸は既に確保してあるので
(贅沢に言うと)用途未定のスペースになりました。

小屋裏にと考えていた本棚は、この場所を活用し、
壁際に天井まで造り付けた書斎コーナーにしました。

・1階の階段から上がってくると、本棚が目に入ります。
1009050018



本棚が目にして、
父親が調べ物や書き物、読書をしていれば?
その姿を見て、多少は本を読もうかと、子どもが思ってくれれば
という、ちょっぴりの希望もあります。
1009050015

椅子に座って右手を伸ばすと、辞書や本が取れる
適度な狭さが気に入っています。

桧のフローリングは、さらさらすべすべなので
裸足ですりすりすることが多いです。

LAN配線できるよう配管してもらいましたが、
今のところ無線LANで済ましています。
でも最近、ブルーレイディスクレコーダーを買ったので、LAN配線を考えています。




・この場所はトイレと洗面台に近く、
 夏は小屋裏のエアコンから、涼しい空気が階段を伝って
 下りてくる位置で、北向きなので、気持ちよい場所です。
 冬も、靴下を履けば寒くありません。
1009050013

洗面台と机の間の引き戸を開けるとトイレです。
トイレの横に洗面台を置き、すぐ手洗いです。

トイレは別の機会に、ご紹介です。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »