« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月18日 (日)

web内覧会-10<クローゼット>

納戸
クローゼット
ウォークインクローゼット。(平面図での名称)
ウォークスルークローゼット。

どのタイトルにするか、迷いました。

広さは、4.875畳 + 階段下の2畳分あります。
0.125畳分は、後ほど写真で。


限られたスペースで、効率よく収納場所を確保するには、
収納スペースを、廊下や部屋に隣接させるとよいと、
間取りの本に書いてあります。

収納の部屋を造ると、踏み込む部分に物を置けないからです。

その点、うちは、狭いのに無駄があります。
でも、無駄が「ゆとり」を生み出す気がします。



前回ご紹介した2階の和室 北側です。
1004180027


戸襖を開けると収納です。
1004180028


右側に、ネットで探した桐の中段を造り付けてもらい、
上に布団を置けるようにしました。
1004180029 
天井近くが斜めになっているのは、階段下のためです。



引き出しが4つあります。
1004180033



窓を付けて明かりを採りました。
1004180041
窓枠は他の部屋と同じ、木村さんのところのカナダツガです。
ロールスクリーンは桃色で華やかにしました。(妻選択)



右側は、洋服掛けです。
1004180030_2



奥行きがあるので、
服を掛けるパイプは位置をずらして上下2段にしました。
1004180032
(株)横田建設さんの設計Aさんの提案で実現です。



・階段下は、当初、収納を考えませんでしたが、
 広さ・高さが意外にあるので、階段下収納にしました。
1004180031
・扉を付けるか迷いました。
 収納の部屋なので、お客さんが入ることもなく、
 付けると、開ける面倒さがありそうだからです。
 H大工さんの「付けた方がいいねぇ」という話もあり、付けました。
 あまり使わない物をしまっているのと、雑然とした感じがないので、
 付けて良かったです。



再び、和室からクローゼットを見ます。
1004180034

・向こう側が見通せます。
 なので、”ウォークスルークローゼット”です。
 このスルーするスペースが無駄といえば、無駄になります。
 が、ゆとりにも、クローゼット内の通風の確保にもなります。



反対側をご覧下さい。
階段を上がってきたところです。
1004180035


引き戸を開けると、クローゼットです。
1004180036



今度は、こちらから、和室側を見通してみます。
1004180038
左の階段は、小屋裏へ向かいます。次回ご紹介です。



2階の床は収納を含め、五感さんの木曽桧で合わせました。
1004180044



0.125畳分です。
1004180039

工事中の写真をご覧頂いた方には、分かってしまいますが、
換気システムの回でご紹介します。

※照明
  クローゼット内に1つあります。
  スイッチは、和室側と反対側の両方の入り口に付け
  三路スイッチにしました。
  階段と同様、戻らない動線の場合は、便利です。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

web内覧会-9<和室>

和室が好きです。

正面の引き戸をひいて入ります。
1004110007_2



右側は、子供部屋です。
1004110041



6畳と2畳分の板の間です。
1004110010



南側の障子を開けると、掃き出し窓とベランダです。
1004110020_2



障子はなぜか、心ひかれます。
1004110035_2



西側は、子供部屋と戸襖で仕切っています。
1004110013
ここに家族で座って、今年の年賀状に使いました。

・依頼先の横田建設(株)設計Aさんとの、当時のメールのやりとりを見ると、
 戸襖の反りについて説明がありました。
  子供部屋側がクロスで(通常は合板)、和室側が襖紙というように
 違う材料を戸襖の両面に張るので、建具屋さんが下地に
 材料に合わせた反り対策を施すそうです。
  工事中に建具屋さんとお会いして話を伺いたかったです。

・私が木が好きということで、設計Aさんが建具屋さんに相談し、
 木目の縁(”弁慶”という)のサンプルを見せてくれました。
 取っ手は襖紙のカタログにあった四角い木の色そのもので、
 襖縁と合わせようとし、両方とも実現しました。

襖紙は妻が選びました。
1004110022




反対の東側は、腰高窓です。
1004110015
お隣が接近しているので普段から障子を閉めきりにし、
電動シャッターを開け閉めする程度です。

・目隠ししながら明かりを採り、
 障子や窓を開けずにシャッターを開け閉めできる、
 障子と電動シャッターの組み合わせは、具合が良いです。



北側は、入ってきた引き戸と、
ウォークスルークローゼットへの襖があります。
1004110014



畳は落ち着きます。
1004110016


家具やテレビを置くだろうと、2畳分は板の間にしました。
1004110017
子供部屋と同じ、木曽桧(幅広・節有)のフローリングです。

工事中は、大工のHさんと朝7時頃から話をすることが多かったのですが、
H大工さんが、養生で覆われた板の間を指して、
「きれいな板を選んでおいたから楽しみにして」と、
期待を持たせてくれていた所です。

確かに、節が少なく小さく素直です。ありがとうございます。


・地震のためには、家具は畳の上に置いた方がよいそうです。
 (畳が家具の揺れを吸収し、倒れそうで倒れ難いそうです)
 なので、置くとしても背の低い家具にします。



畳が好きです。
1004110029


注文住宅の、好きな和室なので、ワラ床のサンプル(有料)を確認しました。
縁の紺色が目立ちます。
畳表に丈夫な物を選んだので、それに合わせた一番丈夫な縁がこの色でした。
ここは、デザインより実用優先にしました。
 本当は、畳の縁や敷居は、踏まないものですよね。
 子供に教えます。
1004110033

裏は麻だそうです。
1004110034
抗菌性があるとのこと。
だから麻袋なのかな。



天井です。
1004110018

・和室の天井は、一番悩みました。
 純和風の天井は何十万円、木目模様の天井材も好みでなく、
 一旦は、ダイケンの和風天井材に決めたのですが、
 工事が進んで注文する頃には、製品統合で廃版。

 現場監督さんの、明るい色の材料がよいのでは?
 というアドバイスも納得し
 気になっていた月桃紙(L11S)から選びました。
1004110019_2
ちょっと凹凸があり、本来は壁紙用です。



長押も気に入ってます。
1004110024
埃がたまるだけと避ける方もいるとか、いないとか。
何も注文しませんでしたが(確認したかもしれないが忘れてしまった)、
長押をきちんと付けてもらえました。
もう少し年をとると、しみじみすると思います。




鴨居と敷居の工事中に切り落とされた部分を、
子供のおもちゃにとH大工さんにことわっていただいた物です。
1004110037
・年輪の外側が凹む(内側が出っ張る)ように反るので、
 外側が戸襖や障子に接する面にする。
 ということを、どこかで見聞きしたのを思い出しました。

・上の写真の左側が子供部屋、右側が和室です。


子供部屋から、戸襖を開けて写しました。
1004110039
子供部屋側はクロス張りです。



入り口でご紹介した引き戸です。
新月伐採・葉枯らしの天竜杉を使った
サンウッドさんの引き戸をインターネットで見つけ、
サンプルを見に行き決めました。
1004110027

1004110028 

注文住宅なので、この引き戸はお金を使って、好きな木を楽しみました。

サンウッドさんにサンプルを見に行ったときに聞いたのですが、
最初は、皆さん多くの引き戸やドアを無垢材で考えていますが、
家造りの工程の最後の方になる建具を選ぶ段になると、
資金の余裕度が小さくなり、どうしても当初より削られ、
最後はドアや引き戸1枚になるとのこと。
私もその一人です。
でも、満足してます。ここまで立派に造って頂き、期待以上です。


普段は、こんな風に、引き戸を開け放しています。
1004110040

引き戸。おすすめです。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

小さな庭のさくらと一郎

もうひとつのブログ「にじのぱぱ日記」をご覧の方には
おなじみのさくらと一郎。

「さくら」は満開です。
1004080001

出自不明のこの「さくら」、たぶんサクランボの種から育ったものだと思うのですが。

昨年伸びた枝には花が付かず、種から育ってきた枝のみに花が付いています。
1004080004



「一郎」は、婚姻届を提出した越谷市役所でいただいた梅です。
実がふくらんできました。
1004080005

さくらと一郎は、植える場所を決めていないので、まだ鉢の中です。

成長の様子は、「にじのぱぱ日記」へ随時記録します。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

①惑星----、②UNIX OS、③フランスからやってきた、④輻射熱

意味不明のタイトルは、「連想ゲーム」です。

①のヒントは、タルコフスキーの映画

②はサン・マイクロシステムズ

③は輸入品

④は、そのまんま

つまりは、衝動買いしてしまったのです!
皆様、深夜のwebショピングは、気をつけましょう。


・段ボールに包まれて
 1004030007


・フランスからやってきました。
 1004030006


・開けます。
 台座のキャスター
 1004030008

 1004030009

 本体。
 1004030010

 ・出ました。
 1004030011


・台座のキャスターを取り付けます。
 1004030012


・付属の六角レンチで
 1004030014


・球形のキャスターが良いです。
 1004030016


・日本の暖吉君と輻射熱暖房機の仲間としてフランスからやってきて、ご対面。
 1004030017

 ※デザインにやられてしまいました。

・操作部分もシンプルです。
 1004030019

web内覧会の床下編で、ドルゴプラスという通気弁をネットで検索したのですが、
その会社がフランスから輸入販売していて、ついついその美しいデザインに
引き込まれた衝動買いでした。


ソラリス モバイル(Solaris Mobile)です。

ガラスが美しい!

デザインはシンプル
で極まる。

壁面に取り付ける輻射熱暖房機をキャスターをつけて移動できるようしています。
蓄熱はしません。

深夜のブログ書きなどで、ちょっと寒いかなというときに、
深夜電力帯ならばあまり気兼ねなく、補助暖房として使えます。


もう、この季節では使いませんが、11月頃からお世話になりそうです。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

web内覧会-8<子供部屋>

○階段を上り、右手(南側)に入り口があります。
 1004030022_2




○突き当たりは和室、右側が子供部屋です。
 引き戸を開けました。
 1004030023 




○南北方向に長い1部屋です。
 西側の窓2つです。
 1004030024_2



○入ってきた入り口を振り返ります。
 部屋を仕切ることも考え、引き戸を2つ設けました。
 1004030025

 ・手前は外付けの引き戸です。
  間取り上、引き戸を納める場所がなかったためです。




床は木曽桧の節有り・幅広タイプです。
 桧はすべすべで少し柔らかく、赤ちゃんの肌のようです。(ほめすぎか?)
 1004030026



天井の照明は子供らしい物を選びました。(手前)
 (奥は前の前の賃貸アパート時代に買った物を持ち込んでいます)
 1004030028



○ベランダのある南側は掃き出し窓です。
 1004030031
 
 ・左の引き戸を開けると和室とつながります。



○掃き出し窓の上には、
 カーテンボックスと、物干しです。
 1004030030

 ・夜洗濯して室内干ししたときに使い、朝、すぐにベランダの物干しに出せます。
 
 ・ベランダに干していた洗濯物を、一時的に、室内に干しておけます。
  乾いていなかったり、にわか雨に降られたときなど。便利です。

 ・カーテンボックスは窓枠と同じ材で、お気に入りです。



○物干しはダイケン製です。(ものほし上手)
 付属の棒を使って手動で回し、上げ下げします。
 1004030033



■西日対策です。
 真夏の西日の強烈さは、工事中に体感しました。
 Low-E複層アルゴンガス封入の窓でも、内側のガラスを触ると温かいを超えています。
 引き違いの窓が、たまたま重ねてあったとき(複層×2で4層になる)、
 一番内側のガラスを触ったら、室温程度でした。

 木を植えられない狭い敷地で、スダレの次に考えた
 外付けブラインドシャッターです。

○シャッターを開けた状態
 1004030049





○シャッターを閉め、羽の角度を斜めにした状態
 1004030052

 ・窓の外で日射をさえぎることができるのがうれしいです。

 ・外に足場がなくとも、シャッターの掃除ができるという利点に、
  住み始めてから気づきました。

○羽を水平にすると、部屋の中から羽を拭けます。
 1004030040




窓枠・クロス・床

 1004030044

 ・子供部屋ですが、大人が気に入ってます。
 
 

クロスの模様(YA-1002)
 1004030045
 


○掃き出し窓の枠と、床
 1004030046_2
 ・すっきり感が気に入っています。



○ドレーキップ窓と、霧除け(外の黄色いひさし)
 1004030056




○相性抜群です。
  1004030054

 ・キップ(内倒し)は、外の空気との換気用の開け方ですが、
  風が強くなければ、雨の日でも霧除けのおかげで
  雨が部屋に入らないからです。

 ・ドレー(内開き)は、外側のガラスが拭きやすいので
  特に2階以上の窓拭きに便利です。



■最後に外付けブラインドシャッターの動きです。

【しめる】



【角度調整】



【あける】

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

温度と湿度(3月 朝6時半)

■3月1日~31日の朝6時半頃、平均温度です。
  (朝6時半は、温度計を見ていると、一日で一番冷え込む時刻です)

 ・暖吉君(蓄熱暖房機)は、暖かくなる日に大・中・小のダイアルを、
  ”中”にするときが増えてきました。

 ・[ ]内の前月比の数字を見ると、確実に暖かくなっています。

201003_2 

■3月の温度・湿度のグラフです。

201003_4 

■1月からの温度の推移です。

 ・三寒四温というだけあって、3月は青点線の外気温の上下動が大きいです。

201003_5

■ふたたびおしらせ
 日々思うこと、感動したことは、もう一つのブログに書いています。
 右側の「そらジロー」の下 [にじのぱぱ日記]をクリックです。

・注文住宅ブログランキングに参加しています。
 クリックで加点され、別窓に他の方のブログが紹介されます。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
 にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »