« 温度と湿度(12月20~31日朝6時半) | トップページ | 不動産取得税(土地)の全額免除通知 »

2010年1月10日 (日)

凧造り・凧揚げ

家造りブログは、今回お休み。

正月らしい遊びを3歳の息子に見せてあげようと
1月2日にコマ回し、昨日は凧を作り、今日揚げました。

私が小学生の頃、父が凧を作ってくれたので
今度は私の番とばかりに、挑戦しました。

昔は、学校の近くに必ず文房具屋さんがあり、
材料を揃えることができたのですが、
今はどんどん廃業し、イトー・ヨーカドーの中くらいしか
文房具を買えそうなところがありませんが、材料を置いていません。
洋凧は売ってました。

そこで頼みの綱のホームセンターに行き、ようやく揃えられました。

<材料>
 ・紙 -- 書き初め用の半紙が良いかと思いましたが、
        薄いし、幅が狭いので貼ってつなげる必要がありそうです。
        障子紙を思いつきました。
        売り場に行き商品を見ると、材料欄に
        パルプと書いてあり、洋紙です。
        数種類ある中で、一番和紙の素材に近い物を選びました。
        といっても25%ですが。
         楮(コウゾ):25%
         麻     :15%
         パルプ  :40%
         レーヨン :15%
         ビニロンバインダ:5% →何でしょうこれ。
                         樹脂で挟んであるという意味でしょうか。
        ※我が家の障子紙はコウゾやミツマタの和紙素材が
          どのくらいの割合で入っているか気になりました。

 ・のり-- 障子紙の説明に「ハケノン」という糊を使えと書いてあったので
        同じ売り場にあった「ハケノン」デンプン糊を買いました。
        名前のとおり、事務用糊のように使うので、刷毛が要らない
        ということらしいです。

 ・竹ひご-丸棒でなく、平型で90cmのものが売ってました。よかった。

 ・凧糸 -大工道具としての商品が売ってました。
       業務用なので200m近くあります。
       そんなに要らないのですが、切り売りでなくパッケージ商品なので
       仕方ありません。

 ・木工用ボンド --家にあるので買いません。竹ひごと紙を貼り合わせます。

■こんなふうにできました。
  1001100015
  
  ・凧糸はラップの芯に巻き付けています。
  ・凧の尾っぽは、新聞紙です。
  ・障子紙は可愛らしい桜の花びら色紙入りにしました。
  1001100016

■凧揚げ
  ブログに載せるつもりが無かったので、残念ながら
  よく揚がった証拠写真がありません。

  凧糸から伝わる風の具合を指先で感じながら、
  糸を緩めたり、引いたり、手繰ったり、大人でも結構楽しめました。
  自然を相手に遊んでいる感覚が、とても良いです。
  パターンが無い自然を相手にすることは、頭と体の総動員です。

■感想
  ・設計図もなく、お手本もなく、昔の記憶と、こうしたら丈夫に作れるだろうと
   想像力を働かせました。
  ・竹ひごの長さを生かし障子紙のサイズと考え合わせて適当な大きさを決め
   手作りしたので、頭と手先の良い運動になりました。
  ・上辺の左右と、真ん中の3点に糸をつなぎますが、左右のバランスが悪いと
   横に曲がって行き、ストンと落ちてしまいます。
   揚げては落とし、を繰り返し、糸の調節をしてゆくと、
   長い間安定して揚げられるようになりました。

  ・公園に凧を持って行って、揚がらなかったら格好悪いなと心配しましたが、
   結構揚がったので、遊んでいる子供たちが、「凧揚げだ」と見てくれました。
   (ちょっと鼻高々)

■おまけ
  障子紙とハケノンの使い勝手が分かったので、障子の補修の要領がつかめた気がします。

 今回は家造りではありませんでしたが、
 こちらは、家造りのブログが見られる
 にほんブログ村のカウントボタンです。
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

|

« 温度と湿度(12月20~31日朝6時半) | トップページ | 不動産取得税(土地)の全額免除通知 »

140 建て主の趣味・ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173993/47255700

この記事へのトラックバック一覧です: 凧造り・凧揚げ:

« 温度と湿度(12月20~31日朝6時半) | トップページ | 不動産取得税(土地)の全額免除通知 »