« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

2009年10月11日 (日)

伊予杉フローリングに蜜蝋ワックス

小屋裏は無塗装の伊予杉無垢フローリングです。
横田建設さんに、1階の障子の桟に塗ってもらった余りの未晒し蜜蝋ワックスをいただいたので、いよいよ伊予杉に塗ります。

■用意した物
 右から
 ・掃除機
 ・蜜蝋ワックス
  Aタイプ=バターのような固さ
  (Bタイプのヨーグルト状が多いようですが、塗ってみてAタイプでも全く問題なかったです)
 ・スプーン
 ・カーワックス塗り用のスポンジ(ホームセンタで2個98円)
 ・使い古しのタオル(ほぼ雑巾)
 ・冷たいお茶の入った水筒(ビールの代わり)
  0910110038_3
  (右上に子供の足が入ってしまいました。裸足が気持ちいいんです。)

■開始!
1)念のため、掃除機でほこりなどを吸い取りました。

2)スプーンでふたを開け、スポンジにワックスを付けました。
  0910110041

3)塗ります。
  塗っていくうちに要領が分かってきました。
  ワックスをスポンジ全面にバターを塗るように付けました。
  フローリングに、最初は軽くまんべんなく、最後の方は両手でムラが無くなるように比較的狭い動きでゴシゴシ広げて染みこませる感覚で伸ばしました。
  スポンジは余り早く動かさず、木目に沿って丁寧にゆっくりめに動かしてゆく方が、結果的に早く塗れるようです。
  塗ったところは色が濃くなりましたが、それを目指そうとするとワックスの付けすぎになりがちなので、これも、「結果として染みこんだワックスでフローリングの色が濃くなった」というぐらいがよいようです。どうも、付けすぎがちになるので、我慢しながら伸ばしてゆくようにしました。

  □塗る前
   0910110040

  ■塗った後   
   0910110042
   
  【塗ったところ、これからのところ】
   塗ると、木が生き生きとしてくる感じです。
   0910110043

4)乾拭きします
  中学以来、していなかった両手でのぞうきんがけをして、余分なワックスを拭き取りました。

5)しばらく経ってから、掃除機で蜜蝋ワックスのカスを吸い取りました。
  写真のような繊維質のカスが時々紛れています。
   0910110050

6)出来上がり
   1日ほどで乾くそうです。
   0910110045

   0910110048

   0910110049

   0910110053


◎感じたこと
  写真の広さで、慣れないながらも1.5人で3~4時間かかりました。
  (0.5人というのは、子供+子供の面倒を見ながら時々拭く妻の作業を合わせた数です)
  生まれて初めての体験だったことや、体を動かす作業で軽く汗をかいた爽快感もあり、小さな幸せの充実感がありました。
  塗りながら、木目・節と色合いを楽しめました。
  白いところより、赤身や、青黒いところがあるのを発見して気に入って、その板には気合いを入れて塗りました。節はよく染みこむようです。

  これがLOHASの感覚なのかなと思いました。
  手間をかけると、大事にしますよね。
 にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

  
  
  
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

照明(2階・小屋裏編)

1 階・2階・小屋裏まで、全部で28ヶ所の照明を決めました。
昨日の1階の照明をご覧頂いて、ごく普通の照明だったかと思います。
記録のために書いてみます。

■今日は2階から■

17)子供部屋(南側)
 【方針】
  電球色でなくさっぱり蛍光灯の白い光です。
  ちょっと可愛らしいデザインにしました。男の子なんですが。

 【決めた物】パナソニック電工
  お休みタイマー付きのリモコンを付けました。
  今も小泉でお休みタイマーリモコンを持っていますが、あまり使いません。
  それでも、1階とおなじリモコンじゃつまらないのでこれにしました。
  17_ 17__2


18)子供部屋(北)
  家電量販店で昔買った、今リビングで使っている小泉のシーリングを取り付けます。

19)1階-2階の階段
  【方針】
   装飾のない簡単なデザイン。できればガラスの質感。
   できれば電球型蛍光灯。
   上下に覆いがあり、上り下りでまぶしくない物・・・とカタログには”グレア”の無い照明という表現で語られていたが、覆いがないとそんなにまぶしいのか?と疑問を持ちつついろいろ迷いました。

  【選んだもの】大光
   密閉型なので、上下左右から電球の直接光は見えないので、まぶしくはないと思うんですが。
   19_12


20)トイレ
  特にこだわりがないので、1階のトイレと同じにしました。
  
  【決めた物】小泉
  20_

21)本棚・書斎コーナー
  【方針】
  周囲の照明状況や明るさなどあまり考えず、いいなと思ったものにします。
  自分の居場所には、理屈でない、好きな物がそばにあると幸せを感じられるかなというところです。

  【決めた物】後藤照明
  右側の外消しを選びました。
  「浪漫球」という電球は、中が真空なので、表面があまり熱くならないそうです。
  40Wなので雰囲気を出す飾りの感覚だと思います。
  21_ 
  21___2


22)ホール(階段を上がったところ)、23)廊下
 【方針】
  1階の廊下と同じ物にして統一感を出しました...
  統一感というよりも、 あまりバラバラにすると、点いているときも、昼間で消しているときもうるさく感じそうなので、同じ物にしました。

 【決めた物】小泉
  22_2

24)クローゼット、25)和室
  それぞれ、今使っている照明を取り付けます。
  和室用の白木(樹種の記載のない物から、桧や産地が特定されたものまで)を使った照明は高価ですね。あかりプランの提案も高価でした。
 我が家は今の寝室の6畳和室に、家電量販店で昔買ったものがあり、あまり点けないので蛍光灯も一回も変えずに4年使っている物を取り付けます。

26)2階-小屋裏 階段
 【方針】
  階段の幅がちょっと狭く、壁付けなので、出幅が少ないもの。
  たまたま1-2階の照明と似たような感じになりました。だけどアクリルです。
  上下面にカバーがあるので、上り下りがまぶしくないと良いです。

 【決めた物】小泉
  26_2


27)小屋裏(東)、28)小屋裏(西)
 【方針】
  できるだけシンプルにお安く。だけどちゃちに見えない物。ムツカシイ。

 【決めた物】東芝
  陶器なのでプラスチックよりは感じが出るかなと思って選びました。
  電球は今使っている蛍光灯型電球を付けます。
  2728_

選び終わってみれば、無難な選択になったようです。
①なるべく消費電力を抑える。
  →電気を付けることに抵抗を感じないようにする。(玄関・勝手口ポーチ)

②センサーなど必要な機能は取り入れる。
  →小さい子のトイレに付き添って電気を付けなくて済むように人感センサにした。
   複数の照明をコントロールできるリモコンは便利。

③世知辛すぎないように、楽しみを1つ2つはつくる。
 →食器棚のところの陶器の照明(妻選択)
 →畳コーナの球型の和紙照明
 →本棚コーナーのレトロな手作り傘の照明

④ダウンライトの無い家
 →最初の方針でしたが、きらいなわけではありません。ほこりが溜まりにくいし。

⑤掃除をあまりしなくて済む物
 →すっきりデザイン。でも③はどうかな。

⑥質感・・・好みに合う物。

⑦明るさ・・・パナソニック電工のあかりプランを参考に、今の家で使っているパルックボールなどの照明のワット数を確認して決めました。

⑧凝らない・・・カタログから、いろいろな手法の間接照明があることを知りましたが、家を設計する段階から取り込まなければ難しいです。その当時は間取り・設備機器選択・内装材探しで手一杯でしたから照明設計など頭にありませんでした。


■元々あまり欲のない性分で、買い物もどちらかといえば苦手です。
家を建ててみて、一番買い物に近かった事柄が、照明選びのように感じました。
凝る方は、買い物でなく設計の一部と考えて工夫されるようですが。
カーテン選びも買い物に近いでしょうね。
自然で品の良いもの(+予算内)で妻にお願いします。
(10月10日休日出勤した日の深夜に追記)


 
にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

照明(1階編)

1 階・2階・小屋裏まで、全部で28ヶ所の照明を決めました。
ごく普通の照明です。
ダウンライトは使わない方針にしました。(建て主の好みです)

■今日は1階■

1)門灯
 ここは外構と一緒に決めるので、未定です。
 最初、敷地内の電柱に外灯が点いていて、玄関付近は明るめなので、門灯は要らないと思いましたが、門灯の点いているお宅を見て、家として雰囲気があるなと感じ、急遽追加しました。(元々門灯が点けられるように設計段階から設計のAさんが電線の用意をしていましたが) 
【ポイント】
 明暗でOFF/ONするセンサ付きで、消費電力の小さい物にする予定です。


2)玄関ポーチ
 【方針】
  門灯と同じく、明暗でOFF/ONするセンサ付きで、消費電力の小さい物(電球形蛍光灯やLED)。
 【選ぶ過程】
  ネットの各社カタログから、良いなと思った照明の画面コピーを取り(写真の右側)、玄関の写真の上に置いてみて雰囲気が合いそうな物、かつ、妻が納得する物(これ大事)を選びました。
  パナソニック電工の「あかりプラン」では、一番右上のLED照明を提案していました。
  うちの場合、気をつけなければならないのは、子ドアを大きく開けると照明にぶつかる点です。照明にぶつからないように、玄関ポーチにドアストッパをつけてもらおうか、思案中です。
 02__2

 【決めたもの】小泉
 02__7


3)玄関を入ったところ(土間)
 【方針】
  夜帰宅して玄関ドアを開けたときに、暗い中でスイッチを押さずに明るくなって欲しいので、暗いときに人感センサーが働き点くものにします。
  うちの場合、数少ないお客様にちょっとでも良い印象を持ってもらおうと、ちょっとがんばって、あまりシンプルすぎないが、ごてごてしない物にしました。
 点灯時間が短いので白熱灯でも良かったのですが、電球形蛍光灯から選びました。
 
 【決めた物】小泉
 03_ 
 

4)玄関ホール
 【方針】
  玄関から入って左側の廊下突き当たりのトイレまで照らせる位置にしたので、それ相応のワット数にしました。
  3)と同じようなデザインに統一しました。
  質感の観点でガラスにしました。
  玄関なので、虫を誘いにくいUVカット加工の製品も考えましたが、まあいいやです。

 【決めた物】パナソニック電工
 04_
 
 
5)階段下収納
 【方針】
  1坪弱あるので、照明を点けました。
  はじめは電球丸出しのソケットだけの「レセップ」で安くしようと思いましたが、あかりプランの商品を見て、照明に物が当たっても大丈夫なようにカバーは必須と考えました。

 【決めた物】パナソニック電工
  05_

6)廊下
 【方針】
  スイッチオンでぱっと点くこと。
  できればガラス。
  省エネということで電球型蛍光灯も良し。
  ほこりが溜まりにくいこと。

 【決めた物】小泉
  06_
  

7)トイレ
 【方針】
  うちの子が小さいのでスイッチに手が届かない。
  スイッチを低い位置にすればよいのですが、暗いときに人感センサーで点くようにしました。
  デザインを廊下と似たような感じに合わせました。

 【決めた物】小泉
  07_

8)洗面室
 【方針】
  特にありませんでした。
  風呂に入るために裸になる場所なので、ガラスは避けます。
  あかりプランでは、防湿タイプでしたので、それを採用しました。

 【決めた物】パナソニック電工
  08_

9)食器棚(キッチンの後ろ)
 【方針】
  妻の選択です。可愛らしくしたいそうです。
  食器棚がパイン材で注文しているので、それと雰囲気の合う物なのでしょう。

 【決めた物】小泉
  09_

10)キッチン
 【方針】
  十分な明るさ。前の団地にいたとき明るくて良かった思い出があるため。
  昼光色(妻の意見)

 【決めた物】小泉
  10_


11)キッチン手元(流しの上
 【方針】
  適度な明るさ。昼光色(妻の意見)。私は電球色が良いと思ったのですが。
  対面式キッチンなので、ダイニング側に明かりが強く当たらないようなもの。
  あかりプランでは↓吹き抜けに使う照明が提案されていて斬新でした。
   11_
 【決めた物】小泉
  11__2


12)勝手口ポーチ灯
 【方針】
  勝手口はお向かいに面しているので、正面へは照らさないような物。
  →これがあまりありません。
  左右の横方向に照らし、防犯対策。
  明暗でOFF/ONするセンサー付き。
  一晩点くので省エネ。

 【決めた物】オーデリック
  12_


13)ダイニング
 【方針】
  暗すぎないこと。
  ペンダント
  できれば陶器やガラス。
  明るさの切り替えや白熱灯+蛍光灯のような商品もありましたが、迷ったときのシンプルだのみにしました。

  小さいペンダント3つと、大きめの1つで迷いました。
  3つあると煩わしいと思った夫婦は1つの物を選びました。
  
 【決めた物】小泉
 13_

14)リビング(東)
 【方針】
  東西方向に2ヶ所取り付けます。
  同じメーカーの物を取り付けて、1つのリモコンで東西2つの照明を操作すると便利です。
  少し明るめのワット数にして、明るさを変えられるもので調節し省エネにしようと思いました。
  迷いましたが、電球色にします。

 【決めた物】パナソニック電工
  2010年1月1日追記 ☆要注意です☆eye
  ふちは木製でなく、樹脂の上に木目印刷です。掃除をして気づきました。2009年で一番のがっかり(左側)。
  木製は右側の「HFA7673」で、カタログ価格78,750円(税込)です。比較してみると、右側は”●木製(ライトナチュラル仕上)”とあります。また、照明オンラインカタログの「構成部品名」に”木製”と書いてあります。
  よくよく見ないといけません。

  14_     14__  
  リモコンはあかりプラン提案のものを選びました。
  14__2 
  

15)リビング(西)
  【方針】
   リビング(東)と同じメーカー
   東側より狭いので小さめ。
   東側とデザインを合わせる。
   電球色

  【決めた物】パナソニック電工
  15_

16)たたみルーム
  【方針】
   障子もあり、和風を意識する。
   寝っ転がるので、照明の下側に覆いがあり、まぶしくない物。
   遊びも大事だ。

  【決めた物】林工芸
  16_

1階はこれでおしまいです。
次は2階・小屋裏の照明を書きます。

  

にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2)

2009年10月 4日 (日)

引き渡し。照明決めました。

あまりにもブログを放置していたので、家が建たなくなったのかと思われた方もいらっしゃるかと思いますが(いないか)、照明・外構・登記・ローン・引き渡し・火災/地震保険・引っ越しなどの作業で立て込んでいる一方で、残業が増えて家で起きている時間が少なくなり、ブログを更新していませんでした。

☆引き渡し
 9月28日(月)に無事、めでたく、横田建設さんから引き渡しされました。
 カレンダーベースで、着工後202日、約7ヶ月弱です。
 長いようで、短く感じました。ありがとうございます。
 目標どおり、とても気持ちの良い家に造って頂きました。
 約束の朝9時半をちょっとすぎて家族で現場に歩いてゆくと、横田社長さん、現場監督のTさん、設計のAさんが、遅れてきた私たちを待っていてくれました。
 当日は設備機器の設置場所や分電盤などの説明、窓、シャッター、玄関ドアなど、現場監督のTさんから説明を頂きました。
 しかし、引っ越しはまだ先になるので、引っ越し近くになって改めてエコキュートの説明などをしてくださるそうです。


☆照明選び
 内装材選びの次に大変だった照明を決めました。
 (優柔不断と商品の多さで、横田建設さんからカタログを借りてから3ヶ月程?)

■材料
1)カタログ
  東芝、パナソニック電工、大光、小泉

2)あかりプラン(パナソニック電工)
  横田建設さんからはプランを作りましょうかとお話し頂いたのですが
  カタログを見ますと断ってしまっていたのでした。
  9月になっておきらく旦那さんのコメントもあり、明るさW数の参考にと
  ネットから申し込み、取り寄せました。
  吹き抜けで使う方向を変えられる照明器具を、キッチン手元灯に使うなど
  斬新な選択もされていましたが、予算をカタログ価格で70万程度に抑えて申し込んだので無難なプランが来ました。
  洗面室に風呂場用の防湿・防雨型の照明が提案されていたので採用しました。

3)インターネット
  カタログの商品が廃番になっていたり型式が変更されていた物もあり(東芝)、最後はネットで確認しました。
  オーデリック、後藤照明、林工芸はネットで調べました。

■選ぶにあたり考慮したこと
 シンプル、質感、省エネだけど必要な明るさ、ほこりが溜まらなさそうなもの、どこか1,2ヶ所は遊び心(趣味性)、適切なセンサー、便利なリモコン、防犯
 基準が多いのが時間がかかった原因ですね。今思い返すと。
 パパッと決められる人がうらやましいです。

■購入方法
 決まった照明リストについて、ネット検索でおおよそのネット購入での平均価格を控えておき、横田建設さんにも見積もりをお願いしました。
 個々の照明器具はパナソニック電工を除いて、横田建設さん見積もりの方がネット平均価格よりお安くなっていましたが、電気屋さんの諸経費(工事費など)を含めると合計金額はネットより高くなりました。(当然といえば当然)
 また、後藤照明・林工芸の照明2点は、電気屋さんが取引していないので、私たちの方でネットから注文しました。(いわゆる施主支給) 取付は(難しくない部分の器具ですが)して頂けるそうです。
→2点以外は、横田建設さんにお願いしました。
 【理由】
  ・なんせ終電近くの残業続きでネット注文する時間もとりにくいし、手間をかけにくい。
  ・玄関や勝手口ポーチ、階段下、小屋裏など電気工事資格がないと取り付けできない部分があるので、電気屋さんにお願いするなら注文から全部お願いしようと思ったため。
   3歳と0歳の子供がいると、休日もなかなか時間を取りにくいのです。
  ・諸経費で上回った差額分は、おまかせする価値がある金額の範囲内に思えたため。

照明リストをブログに載せようか決めかねています。なんだか恥ずかしいような。

にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »