« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

墨田の花火 さなぎ

今日5月31日は家造りの記録はお休み。

季節の記録です。「さなぎ」など虫が苦手な方は今日は見ないでください。

今住んでいる賃貸マンションのベランダに、柑橘系(みかん?)の木が植木鉢に生えています。毎年アゲハチョウが卵を数個産み、1,2頭が無事チョウチョウになって飛び立ちます。

ことしは4匹幼虫を見つけ、2匹のさなぎを確認しました。さなぎになるときに、ものすごい勢いで動き回ってdash、ベランダのどこか(もしかしたらお隣)に行ってしまい、さなぎが見つからないことが多いのです。

今日は、写真が大きめです(1280×960pixels)

■ベランダのみかん?の木です。

0905310009

■さなぎです。近づいてようやく探しました。初めて木の中でさなぎになっているのを見ました。枝と自分の体を結びつけている2本の糸は、どのようにして作ったのか?カイコのように口から糸を出して自分の脇腹と枝を往復させたんでしょうね。ビデオに撮りたいです。さなぎになる時間帯はいつでしょうか?鳥が来ない夜か、少し明るくなる夜明け前でしょうか?それにしても幼虫のあおむしからさなぎに変態する様は恐るべき細胞の変化ですね。さなぎは堅いままでなく、さわるとピクピク動きます。鳥がつついたときに動いて脅かすのでしょうか?

0905310007

■もう一匹は、動き回ってエアコンの室外機の裏にいました。毎年こんな感じで、みかん?の木以外の場所でさなぎになります。ここなら直射日光は避けられそうです。過去、干からびて死んでしまったことがありました。でもあまり狭いとさなぎから出ても羽を伸ばせず折れてしまい飛び立てなくなります。(去年の1頭がそうでした)

0905310008

■墨田の花火

4,5年前に向島百花園に行ったとき、気に入ったあじさいの品種でした。たまたま浦和の「ユザワヤ」(毛糸などの洋裁用品から始まってホビーショップ、東急ハンズの様な感じに拡大してきました)で見つけたので3,4年前に買いました。花火のように花(ガク)が長く飛び出しています。

0905310003

■少し近づき、横から見ます。

0905310004 

●あじさいの葉っぱ1枚をしめらしたちり紙などに挿しておくと、根がでてすぐに増えます。

にほんブログ村のカウンターです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0)

2009年5月30日 (土)

窓枠(着工後79日め)

5月28日までの工事結果、窓枠造りや天井下地などが進んでいました。

窓枠の材料は、設計のAさんから、床が無垢材なのでそれに合うようにするといいです。との話がありました。

過去にインターネットで探していた木村木材工業さんから、柾目の材がとりやすいとおすすめしていて、また比較的安価なのでカナダツガ(表面は蜜蝋WAX塗)を選びました。大工のHさんが少し堅めの木だね。昔はこれを使ったかな。と言ってました。

house無垢材でつくる造作材 木村木材工業

■Hさんが造った窓枠です。

0905300001

■ビス止めしています。

0905300002

■ビスの頭が小さいらしく、Hさんが頭が大きなものを用意して造ったそうです。フタのぼかしはHさんの名前が書いてあるためです。

0905300004

■窓台の下から窓枠へビスを打ち込んで固定しています。

0905300006

■サッシと窓枠がピタッと納まっています。カナダツガのサンプルで想像していたより、良い感じで柾目の明るい色の窓枠になりました。

0905300010

■窓枠をきっちり納めて固定させるために、最初に窓枠を赤い囲みの木で押さえたそうです。後で除きます。

0905300014

■石膏ボードが入りました。これは小屋裏用の化粧石膏ボードです。裏面です。

0905300018

■化粧の模様が見やすい側面を撮りました。

0905300021

■小屋裏の床材(木魂さんの伊予杉(無塗装))です。引っ越ししたら未晒し蜜蝋ワックスを塗ります。

床材は、設計段階で4社からいろいろな樹種のサンプルを取り寄せました。

結局、素足で歩いてみて選んだ木魂さんから、栗・檜・杉に決めました。

ショールームに行ったときのブログは

2008年11月 8日[フローリング材]

2008年11月17日[フローリング材、分譲地の様子]

です。

house無垢フローリング 専門店 [木魂]

0905300022

■2階の子供部屋に天井の造作がされていました。

0905300027

■2階の階段上も天井造作ができていました。白いダクトは外への排気用です。

0905300028

■勝手口のガラスが型ガラスに直りました。(ガラス会社が間違えたとのことですが、他の窓ガラスも注文通りの品か、設計のAさんに型番から確認してもらっています。断熱タイプか遮熱タイプか、アルゴンガス入りか、防犯ガラスかなど、見た目では分かりにくいからです)

0905300029

■2階の霧除けです。

 今日のように風があまり無いときは雨が入ってこないので窓を開けて作業ができて良いとHさんが話していました。付けて良かったです。

 社長さんとの2回目?の設計の打ち合わせで、雨仕舞いを良くしたいので、ひさしをつけようと思うと話したかもしれません。そのとき、霧除けというんですよと教えてもらったことを思い出しました。他に1階掃き出し窓の外側にちいさい縁台というかデッキというか外に出やすいようにしたいと注文したら、濡れ縁ということをその時初めて知ったことも思い出しました。その当時は、木造建築のことを知るのと、間取りを決めるので精一杯でした。

0905300012

●15時半ごろ、家族でお茶を持って行ったのですが、ちょうど仕事が始まったところでした。窓枠の端材をもらい(朝、仕事開始の8時前に、Hさんと話をしていたとき、余ったもののうち、良いところを用意しておくとのことから)、お茶を置いて帰りました。

にほんブログ村のカウンターです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (4)

2009年5月29日 (金)

不動産取得税の徴収(支払い)猶予手続き

不動産取得税については、5月22日に書きました。

これです。↓

http://kobataka1965.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-875e.html

不動産取得税(土地)は、納期までに支払い猶予の手続きをし、家が完成して登記が済んでから、住宅用土地としての軽減措置を申請できます。

昨日、帰宅途中に納期が迫っていることを思い出しました。猶予申請しなくては!

納期は6月1日ですが、今日5月29日に会社を午前半休して、埼玉県越谷県税事務所に行きました。越谷市役所の裏でした。新婚時代にアパートを借りていた場所からそれほど遠くないので当時を思い出しました。lovely

事務所に入ると、案内係の男性がいたので、支払い猶予したい旨を伝えました。すると「徴収猶予ですね」と聞き返すので、払う側に立ってくれない案内係を残念に思いながら、「そうです。」と答えておきました。(先に進まないので)

・税金は支払うもので納めるものではありません。支払うからこそサービスを受けられるのです。

・徴収というのは税事務所内部の言葉であって、税金を支払う市民に向かって言う言葉ではありません。

2階に上がって担当の女性に案内されました。

猶予手続きに来たこと。事前に電話で確認していること。印鑑・納税通知書と必要書類のコピーを用意してきたこと(土地の売買契約書・建築確認済証と確認申請の2面から5面の資料・・・1面もコピーしましたが問題有りませんでした)。を伝えました。

担当の女性は、わかりやすくてきぱきと話を進めてくれたので、10分くらいの短時間で終わりました。猶予の期限は住宅の登記事項証明書を取得して申請できる時点までですが、家が完成してから2,3ヶ月はかかる前提で期限を書いた方がよいと教えてもらえたので、12月31日を猶予期限としました。また、間に合わなくなりそうだったら再延長ができることも教えてもらいました。

登記事項証明書が準備できたら、納税通知書に記載の「納税番号」を書いたメモと証明書を県税事務所に郵送すれば手続きしてもらえるとのことでした。

なんて行き届いた配慮でしょう。wink

思わず、市町村税の固定資産税の融通の無さに比べて、猶予ができその上で軽減措置も申請できるのでとってもありがたい制度ですと担当の女性に話しました。

今日は朝5時に起きて一旦会社に行きスケジュールを確認してから午前半休をとって埼玉に戻って手続きしたので、疲れました。なので現場を通ったのが朝6時なので、もちろん大工さんはまだ到着せず、中を見られません。

明日土曜日の朝、見に行きます。

にほんブログ村のカウンターです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

私のブログのURLをお気に入りに入れてご覧頂いている方がいらっしゃるようなので、できるだけ更新するようにします。

シャッターの色を白に決めたときに、ちょっと目立ちすぎじゃないかと思いましたが、白い雨戸の家を見かけてさわやかな感じだったので、サッシの色の白に合わせて良かったです。シャッターと外壁が仕上がってから、色の選択がどう出るか、不安ですが楽しみです。そういえば、水切りも白にしました。破風は茶色がいいかなと考えています。屋根が濃い緑なのでこれを葉っぱにたとえると、木の幹の茶色が合うのではないかと。

| | コメント (2)

お風呂、電気工事(着工後78日)

5月26日にユニットバスが入り、27日工事後を、28日朝に写真に撮りました。

■ユニットバスです。INAXのLa-BATHです。引き戸にしました。

0905280003

■浴槽の外側にはカタログどおり、保温材でお湯が冷めにくいようにしてありました。

0905280002 

■横田建設さんの標準ではSシリーズですが、プッシュ水栓にするためにKシリーズを購入し、なるべくオプションをはずして価格を抑えました。なので浴槽はFRPです。人造大理石はカタログ価格で+125,000なので止めました。その代わり、引き戸にして、風呂フタは洗いやすそうな板状のフタ(巻きフタではない)、浴槽の排水栓は浴槽の縁に付いているボタンを押して開け閉めするタイプをオプションで付けました。壁はカララベージュの全面張りで±0円です。

0905280004

■照明・換気扇・シャワーヘッドも標準仕様です。

0905280005

■鏡・収納も標準仕様です。

0905280006

●入り口から浴槽まで、オプションでL字型の手すりを付けますが、まだ付いていませんでした。 腰を痛めたときのためです。(腰痛持ちなので)

■2階の洗面台と奥はトイレの温水・冷水の管が来ていました。

0905280007

■2階 書斎コーナーのコンセントとインターネット用のLANケーブル配管(オレンジの管)です。

0905280008

■照明用の電気配線も進んでいました。

0905280014

■オレンジ色の3本の管が小屋裏壁から出ていますが何でしょうか?アンテナの配線?太陽光発電に備えた配管?

0905280009

■インターネット用のLAN接続は、2階に3カ所、1階に2カ所、計5カ所あるので、ケーブルが小屋裏に集結していました。

0905280019

■換気装置(第1種)が小屋裏に置かれていました。

0905280016

■1階洗面台の給湯給水管です。奥の灰色のパイプは、換気システムの垂直ダクトです。外から取り込んで第1種換気装置内で排気と熱交換し、屋根裏から垂直ダクトで2階・1階の天井裏・1階・床下に送られます。

0905280001

■庇の上に屋根材が葺かれ、屋根工事は完了とのことです。

0905280023

今日5月28日は、小屋裏に杉の床材を敷いてみようかと大工のHさんが話していました。楽しみです。杉の床材は無塗装なので、引っ越してから蜜蝋WAXを塗ります。

にほんブログ村のカウンターです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0)

2009年5月26日 (火)

造作材・フローリング材 入りました(着工後76日)

5月25日(月)に

  造作材:窓枠、階段笠木、カーテンボックス

  フローリング材:栗・檜・杉

が入りました。

■包装された造作材が立て掛けてありました。

0905260014

■フローリング材 「木魂」さんから南部本栗

大工のHさんから、昔、栗の大木から柱をとって家を建てた話を聞きました。

0905260017

■ フローリング材 「木魂」さんから 木曽檜(節有り)、伊予杉(無塗装)

0905260018

檜を手にとって匂いをかいだら朝から清々しい気分になりました。

●会社帰りにセブンイレブンで固定資産税(のうち1期目35,700円)を払ってきました。(1/6の軽減措置にして欲しかった)

ところが、領収証をもらい忘れたらしく、探してもありません。お店に電話しましたが、無いとのことです。領収証は会計上7年保管ですが、1日も保管できませんでした。sad

証跡が残らないけれど大丈夫かな?

自分が悪いのですが、店員も気づいて欲しかった。アルバイト見習い店員じゃしょうがないな。

にほんブログ村のカウンターです→ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2)

2009年5月24日 (日)

気密測定

日取りを会社が休みの土曜日に設定してもらいました。

私と妻と子供2人、それに工事中の家が見たいと言っていた私の両親の6人で押しかけました。

午後2時から測定開始ということで、冷たい飲み物を持って現場に向かいました。

既に現場監督のTさんと設計のAさんが準備を進めていて、気密測定士の方も機材のセットアップが終わっているようでした。

測定前に気密測定士の方から説明がありました。

・測定はJISで定められている方法で行う

・次世代省エネ基準では、関東地方が含まれるIV地域(主に関東以南)では、C値は5cm2/m2(床面積)、北海道などのIやII地域で2cm2/m2が基準となっていること。

・一般に高気密住宅と呼ばれる場合は、2cm2以下が目安

とのことでした。

測定は2回に分けて行われました。

1回め・・・サッシが無いものとして、工事の成果を純粋に測定する。そのため引き違いのサッシはプラスチックのパネルとテープで塞ぐ。

2回目・・・生活する状態を想定し(厳密にはこの後にアンテナなどの配線工事で壁に穴を開けるが穴の周りを埋めるので無視できる)、引き違いサッシを塞いでいたパネルとテープをはずして測定する。

■1回目の測定中です。三脚のうえのメガホン状の機械で部屋の中の空気を窓の外にファンで排出しています。(気圧差を作っています。写真では計器の表示が小さくて見えにくいのですが、上段真ん中の「圧力差Pa」は43.6Paを表示しています。50Paの内外圧力差で測定しているのでしょうか?)部屋の中にいても耳がキーンとなるような強烈な負圧ではありません。ほとんど何も感じませんでした。

0905230053

■結果がでました。

測定終了で数値が出たので排出ファンを止めたので室内外の圧力差は0表示です。

0905230054 

室内温度=25.9℃

室外温度=28.9℃

総相当隙間面積=38cm2 

  →床面積1m2当たりの相当隙間面積 = 0.19cm2

窓と玄関・勝手口を全て閉め切った状態で、3℃の温度差がありました。気温差は圧力差の補正に使うそうです。

気密もそうですが、断熱の効果も実感しました。

■2回目の測定前に、引き違い窓を塞いでいたものをはずします。

0905230055

■2回目の測定結果です。

0905230058

室内温度=26.1℃

室外温度=29.4℃

総相当隙間面積=40cm2 

  →床面積1m2当たりの相当隙間面積 = 0.20cm2

引き違い窓の気密性が意外に高く、1回めとほとんど同じ値でした。

サッシの性能が良くなっているんでしょうか。南側の掃き出しの引き違い窓の下部の合わせ目のところに指を近づけましたが、かすかに空気が入っている感じでしたが、すうすうする程までではありませんでした。

現場監督のTさん・設計のAさんも、良い測定結果で合格とのことでした。

これまでどこの現場でも0.5cm2/m2以下にはなっているとのことでした。

手間を掛け丁寧に造り上げてこられた大工の皆様、ありがとうございます。

本日は、お疲れ様でした。

上棟の時と同じように、端で見ていただけなのですが、終わったときに、ほっとしたのか疲れていました。

気密がしっかりしていることが前提で、計画換気や冷暖房のコスト削減・水蒸気のコントロールが実現できるので、良かったです。

後は、建て主の過ごし方の話で、窓を開けて外の風を取り込みたい良い季節には南と北の窓を開けてさわやかな風を通し、真夏・真冬やじめじめ梅雨のときには窓を閉めて計画換気と冷暖房で過ごすように、うまく使い分ければよいですね。

にほんブログ村のカウンターです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (4)

2009年5月22日 (金)

不動産取得税、固定資産税 (土地分) 笑みと怒りの日

昨年2008年8月に土地を購入し、2009年3月10日に家の工事を着工しました。

土地について、5月初旬に、納税通知書が郵送されていました。

 1)県税務署から「不動産取得税」納税通知 --- 都道府県税

 2)市役所から「固定資産税」納税通知 ------- 市町村税

<数字を伏せずに記録します>

(文字ばっかりなので、工事の様子をごらんになる方は一番下に写真を2枚載せました)

1)「不動産取得税」

 説明書が同封されていました。購入したとき1回の支払いです。

 税額=不動産の価格(※1) × 税率(※2)

   ※1 市町村の固定資産課税台帳に記録されている課税標準額

   ※2 平成20年4月1日~21年3月31日は土地の場合3%

 税の軽減策がQ&A形式で書かれていました。

◎減税を受けたいのですが、まだ住宅が完成していません・・・・・。

 取得した土地の上に、裏面の「住宅用土地の軽減」を受けられる住宅を新築等することが確実な場合は、住宅の完成まで軽減額に相当する税額の徴収を猶予することができる場合があります。

 この場合は、封筒に記載された県税務署で、納税通知書に記載されている納期限までに手続きをしてください。

説明書の裏面に、「次のうち、いずれか高い方の額が減額されます」とあり、

 ①45,000円

 ②土地1m2当たりの課税標準 × 住宅の床面積の2倍(200m2が限度) × 3%

2つの金額が示されていました。

早速計算しました。

  A.課税標準額=6,676,000円

  B.土地の面積=129.36m2

  →1m2あたりの課税標準額= A / B = 51,608円/m2

  C.住宅の床面積の2倍=123.10 × 2 =>限度の200m2になる。

②を計算

  51,608 × 200 × 3% = 309,648円 → これが減税額

一方、税額は、

  税額=不動産の価格 × 税率

     = 6,676,000 × 3% = 200,280円 → これが税額

これは全額減税されるのか、と県税務署に聞いたら、そうなります。との回答でした。wink

また、一旦支払って、後で戻してもらう方法もあるそうですが、そんな余裕はないので、支払い猶予後、減税手続きする方法を選びました。電話で回答してくれた事務所の女性もてきぱき気持ちよく応えてくれました。lovely

早速、期限までに支払い猶予手続きをして、家が完成したら、住宅の登記事項証明書をを持って、手続きします。

■大変良い制度だと思いました。土地を買った後に、家を建てた年にはお金が入り用なので、この減税分は家の建築や外構に使えます。これは景気対策にもなります。県税として徴収されて県の予算の中で有意義に使われない可能性もあるので。

2)固定資産税(土地分)

市役所からは、固定資産税(土地)・・・(家屋は建築中なので) と、市街化区域なので都市計画税の納税通知が郵送されました。

同封の説明書から

  ・固定資産税 = 課税標準額 × 税率(1.4%)

  ・都市計画税 = 課税標準額 × 税率(0.25%)

です。

課税標準額は、7,986,000円です。3年ごとに評価替えするそうで、ちょうど2009年1月に評価替えされてしまいました。

「されてしまいした。」というのは、2008年の土地購入時の評価額が1)の不動産取得税で使われた額=6,676,000円なのに、2009年には1,310,000円もアップしているからです。畑だったところが宅地として整備されたからでしょうか。weep

計算してみると

  ・固定資産税(土地) = 7,986,000 × 1.4% = 111,804

               =端数は切り捨て→111,800円

納税通知書に同封の説明書に、軽減措置が書かれています。

また、市役所でもらった冊子にも書いてありました。

0905220015

0905220018

なんと、課税標準額が1/6の額になるのです。

6で割ってみると

  111,800円 ÷ 6 = 18,633円です。

でも、  賦課期日の1月1日に住宅が建っていないとだめなように書いてあります。

そこで市役所の資産税課 土地係に聞いてみました。

たかお : 課税標準額が1/6になる軽減措置の「住宅用地」とは、1月1日に家が建っていないとだめなようですが、どのような条件があるのですか?

市役所 :1月1日時点で家屋の登記がされている必要があります。

たかお :うちは、9月末に家が完成しますが、月割り制度か何かで、10月から12月の3ヶ月間だけ、1/6の課税標準額になりませんか?

市役所 :1月1日時点で決まりますので、月割り制度はありません。

孝夫  :意地悪な質問になりますが、1月2日に家の登記をした人は、その年の固定資産税(土地分)は、1/6の軽減措置が適用されず、6倍の税金を払うことになるんですか?

市役所 :規則ではそうです。

たかお  : angry・・・・。プチ。プーップーップーッ と電話を切りたくなりました。(実際には、ありがとうございましたといって電話を切りましたが。)

なので、うちは2009年は6倍の税金を草加市に払います。せいぜい市立図書館を利用しまくるか。

■なんという無策でしょう。土地を買って家を建てる人は余裕があるので、これまでこんな法律が改正されずに来たのでしょうか?家を建てる年はお金が必要なので、不動産取得税のような 支払猶予+軽減手続き があれば良いと思いませんか。初年度だけ6倍も支払わせる理由がどこにあるのでしょう。これも1/6になればその分、家の建築費や設備費・外構に回して景気対策にもなるし。せめて、月割りで計算する制度にして欲しいです。これは法律改正を国会議員に要請しなければ。にほんブログ村で盛り上げましょうか。

★肝心の家の方ですが。

5月22日7時10分頃の写真です。

■胴縁(縦)が終わったようです。

0905220013

■玄関上の庇も工事中です。

0905220014

●明日5月22日(土)は気密検査です。また様子を記録します。

にほんブログ村のカウンターです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (5)

2009年5月17日 (日)

玄関ドア・サッシ・断熱・室内造作・入りました(着工後62~66日)

工事はすすめど、ブログは書けずの一週間。

5時起きで終電帰りの午前様。

疲れました。

北千住終点の日比谷線で寝てしまい、終点についてもしばらく寝ていたら車掌さんに起こしてもらいました。生まれて初めての恥ずかしい体験です。

東武動物公園行きで寝込んでいたら、タクシーも少ないだろうから帰れなかったかもしれません。

今日は土曜日深夜。今週の工事の様子をまとめて記録です。

そして、はじめて玄関土間より中に入り、床下地の張ってある2階と小屋裏まではしごで上がりました。

家だなぁという感慨ひとしおです。

●5月11日(月)工事後、5月12日早朝です。

■玄関ドアの枠(+子ドア)が取り付けられました。奥に親ドアが立て掛けてあります。

 断熱材は1枚目(25mm)を張っています。

0905120001

■玄関の庇です。先に取り付けてから、断熱材を隙間無く張って行く順序です。

0905120002

■1階引き違い窓と、2階ドレーキップ窓の霧除けも先に取り付けてから断熱材を張ります。ドレーキップ窓は、このあと実際に開けてみます。

0905120003_2

5月12日(火)工事後、13日早朝の写真です。

■玄関の親ドアも取り付けられました。断熱性能を確保するためD2仕様から選んでくださいとの横田建設さんからの話で、品川のYKKAPショールームで実物を見て選びました。カタログだけでは色合いや実際の大きさが分からないので、玄関ドアを選ぶ際は、ショールーム等で実物を必ず見た方がよいです。

・D2仕様(YKKAPのHPより抜粋)

D2

・玄関ドアがあるとますます家らしく感じてきました。

0905130004

■断熱材との継ぎ目に黒い気密テープが貼られてきました。

0905130005

■サッシ枠と断熱材の間にも気密テープが貼られています。

0905130006

5月13日(水)工事後、14日早朝の写真です。

■2枚目25mm厚も張られて行きます。

0905140007

5月15日(金)工事後、16日早朝の写真です。 土曜日なので、7時半ごろ現場に向かいました。大工のHさん、Kさん、現場監督のTさんに会いました。

いよいよ家の中に入って行きます。

■2階の子供部屋です。窓の明るさで測光してしまい周りが暗く写ってしまってよく分かりませんね。coldsweats01

0905160011

■2階子供部屋の隣の和室です。南東になります。左側の引き違い窓と、右側の掃き出し窓には障子が入ります。畳を入れる青いシートの部分だけ?床が少し下がっていました。

0905160012

■2階和室の北側の「ウォークインクローゼット(兼)布団をしまう押し入れ」を西から東方向に撮りました。奥に斜めに小屋裏へのはしごがかかっているところは、小屋裏への階段になります。左側に積んであるPanasonicと書いてある段ボールのいくつかは、換気装置です。

0905160013

■ 2階北側です。左の窓がトイレ、右の窓が私の書斎コーナーの窓です。今はダイニングテーブルの上にノートパソコンを置いてブログを書いていますが、家が完成したら、ここに独身時代に買った机を置いて、住み心地ブログを続けようと思います。

0905160014

■2階書斎コーナーから小屋裏を見上げました。屋根の下地も見えています。壁がないので広い空間です。奥に見えるのは現場監督のTさんだと思います。今日は確認しに来たようです。

0905160015

■ベランダを西から東方向に向けて撮りました。左側半分は1階の天井なので1枚目の断熱材が埋め込まれています。2枚目もこの上から張るそうです。

0905160018

■ベランダから南南西の方向を見下ろしました。道路の右側は川です。ネット越しなのでが緑がかっています。多少見通しがあるので気に入りました。写真の一番右側には灰色の電柱が写っています。

0905160019

■ベランダから東を見ました。分譲地で先に完成した新築のお宅が並んでいます。割と接近しています。

0905160020

■小屋裏を西から東方向に見ました。はしごが掛かっている場所は2階から上がってくる階段になります。図面で見ていたとおり結構広いので物置としてはもったいないなと感じました。confident

0905160023

■小屋裏の西側の窓を開けて外を見ました。

0905160025

■小屋裏の東側の窓から外を見ると、今住んでいる賃貸マンションが見えました。微妙な距離感です。こっちに引っ越しても前住んでいた建物が見えるというのは。

0905160029

■小屋裏から2階へ下りる階段の位置を撮りました。この階段は直線14段です。2階のウォークインクローゼットの一角を通って行きます。

0905160030

■小屋裏から2階の和室を見下ろしました。天井と壁ができると見られなくなる風景です。

0905160031

■小屋裏から2階の子供部屋を見下ろしました。同じく、天井と壁ができると見られなくなる風景です。なので記録のために残しておきます。子供が大きくなったら見せて驚かそうと思います。クールに受け流されてしまったりして。

0905160032

■2階に下りて、子供部屋から見た小屋裏です。左下の灰色の管は換気装置のダクトです。建前の時の幣束が付いていました。

0905160033

■ドレーキップ窓を開けてみました。

①閉まっている状態

0905160037

②ドレー開きした状態(ハンドルを横位置に回して横に内開き)

0905160036

③キップ開きにした状態(ハンドルを上に向けて手前に倒す)

0905160034

雨が強くなければ、吹き込まれないで風を取り込めそうです。内開き窓は2階だと特に掃除がしやすくて良さそうです。社長さんが薦めた理由が分かってきました。

■1階北東角の風呂場になる場所です。1坪です。型ガラスのドレーキップ窓です。換気扇の銀色のダクトが付いています。1階は、まだ床の下地を張っていません。

0905160039

■玄関から南側を撮りました。手前がクローゼットと仏間、その奥に3畳のごろ寝用畳コーナー、その奥が左側からのリビングの続きになります。2段の筋交いが支えています。

0905160046

■1階は床下地を張っていないので、円柱型の独立基礎がまだ見えます。

0905160047 

■奥行き感をつかみにくい写真ですが、1階から2階への階段室です。はしごが掛かっている1畳分とその手前1畳分、写真に写っていない左側の踊り場の一畳分から構成しています。

0905160048

内側から見ると、外張り断熱の様子がよく分かりました。サッシと玄関ドアは全て取り付けられ、断熱材もほぼ張られているので、寝るだけなら不自由なさそうです。もちろん寝ません。

1週間を1回にまとめて長いところ、ここまで見て頂いた方、ありがとうございました。お疲れ様です。

来週月曜日は、換気システムの垂直ダクトが搬入されると設計のAさんから聞きました。

□今決めようとしていること。

 ・シャッターのメーカー(三和 or 文化+オイレスECO)→急ぎ

 ・玄関框→これも早い内に。1階床材の栗の木と同じ材にするか?その場合無垢or集成?

 ・エアコン→これは急ぎでない。エアコンのスリーブの位置は決めてあるため。エコポイントもらいます。

□確認すること

 ・不動産取得税の納税通知が5月1日に郵送されたが、宅地としての軽減のための手続きが必要なのか、すでに軽減された金額で通知されたのか?

 ・固定資産税(土地)の納税通知も郵送されたが、今年1月1日時点では家は建っていなかったので、住宅用地は1/6の軽減という策が本当に適用されず、6倍もの金額を払うことになるのか。1月2日に完成した人も軽減されず、1年間分6倍の税金を支払うのか?こんな法律、何で見直されてこなかったのでしょう。月割計算して欲しいです。9月末に完成予定の私は、10月から12月分が1/6に軽減されるとか。こういう事は影響力のある国会議員にメールすればよいのでしょうか。何とかしたいです。(≧ヘ≦)

にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (6)

2009年5月14日 (木)

工事は進むも、ブログは書けず

早朝出勤・深夜帰宅が続いているのでweep 都度書けず、土日にまとめて更新する予定です。

13日は朝6時頃に現場を通ったので、さすがに大工のHさんもまだ到着していませんでした。

| | コメント (0)

2009年5月 9日 (土)

窓サッシ・玄関ドア(着工後59日)と虹

2009年5月8日工事後、5月9日(土)朝7時半ごろの写真です。

いつも早い大工のHさんは既に到着。

■玄関ドアが届いていました。玄関ドアは養生用の段ボールに包まれていますが、他のお宅の工事を見ていると、引き渡し直前の清掃時まで包まれていたようです。

0905090007

■勝手口も取付完了です。(念のため防犯ガラスです)

0905090008

■洗面所の窓です。

0905090009

■階段踊り場の窓です。いずれの窓サッシも「60mmふかして取り付け」ていると、大工のHさんにききました。 ”ふかす”という言葉は、柱の面から60mm厚の木材を打ち付けて幅をかせぎ、その上にサッシを取り付けている意味だそうです。 断熱材・通気胴縁・モルタルなどの厚みを考えると、柱から60mm外側にサッシを取り付けることになるそうです。

0905090010

※今日は設計のAさんと電気配線や照明の打ち合わせをしました。電気設備(エアコン・エコキュートなど)とコンセント、照明器具配線位置の図を描いてもらったものに、こちらの要望で変更を描いたものを元に、希望を伝えて打ち合わせました。

※きのう5月8日(金)の17時半過ぎに、虹が見えました。携帯で会社のビルから写した写真なのでガラスにうっすらとブラインドと蛍光灯が映っています。写真では1/4の円弧ですが、実際には∩の形になっていました。

Pap_0016

にほんブログ村のカウンターです→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2)

2009年5月 6日 (水)

屋根葺き完了(着工後52日)

2009年5月1日(金)工事後、5月2日(土)の早朝の写真です。

■今住んでいる賃貸マンションの5階に上がって見ました。黄色い枠が現場です。屋根が見えます。

0905020008

■現場から道を隔てた川(側面を鉄の板で囲っていますが)に、ときどきコサギが来ます。ユリカモメも(恐らく東京湾から川づたいに綾瀬側を北上しているので)ついでに近くのこの川にも来ることがあります。他にはカルガモ、ハクセキレイなど街中で目にする鳥が来ます。

0905020010

■西南から見ました。上の写真の川は手前の道路の左(西)側を流れています。道路の緑の帯は小学校の通学路を表しています。右下の方に屋根材が残っていますが、霧除けに使うのでしょうか。敷地内の電柱がうっとうしいのですが、仕方ありません。照明が付いているので夜間は防犯上ありがたいですが。

0905020011

■申し少し寄ってみました。屋根の色は「アイリッシュグリーン」です。サンプルより黒が薄く見える分、全体として柔らかい感じがします。黒でキリッと引き締まっている感じではないです。元々そのつもりです。この分譲地の他のお宅では黒・グレーが多かったので、自分の好みもありますが、外壁に合うように目先を変えました。といっても緑を前面に押し出す色だとちょっとうるさいかもしれないので、この色にしました。これ以上寄ると、今度は屋根が見えなくなるのでここらがカメラの望遠でも精一杯です。

0905020012

■北西角(階段室)に、断熱材が柱の角に張られていました。大工のHさんに聞くと、910mmの断熱材の幅は、柱の中心と中心の間に張る幅なので、角は届かない。そこで予め角に張っておくのだそうです。

0905020023

■川を渡って、川越しに北西から見ました。小さい敷地にぎっちり建っている感じです。もう少し敷地の残りの部分(庭)と建物部分のバランスをとったゆったりとした感じにしたいのですが、そうすると家の中がきちきちの間取りでぎくしゃくしてくるので、ここで折り合いを付けました。仮設の足場やネットが取れたらちょっとは余裕がある感じに見えるでしょうか?

0905020029

■川を挟んで、南西から見ました。朝7時前なので太陽の光が斜めから屋根に差し込んでいます。そのときはこんな色に見えるんですね。(他の時間帯の写真はありませんが)手前の車は大工のHさんが乗っています。今日(5月2日)は道がすいていて早く着いてしまったそうです。ご自宅から現場まで18Kmだそうです。この写真を撮った後、Hさんに挨拶して聞いた話です。時間があったので30分近く話し込んでしまいました。その後、大工のKさんも到着しました。そろそろ朝食の時間になったので失礼しました。

0905020031

にほんブログ村のカウンターです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

カウントされるとランキングが上がるので、正直うれしいのですが、それよりも、ほかに注文住宅の分類で900件近くのブログがあるのは驚きです。やはり、記録としてとっておきたい気持ちですよね。デジカメ様々です。

※連休前半はさいたま市の実家に遊びに(次男の「お食い初め」を兼ねて)行ってきました。帰宅すると、とうとう不動産取得税の納税通知書が来ていました。説明書は前回と同じでした。課税標準額と税額が書かれていたので、宅地用途の減額の手続きをします。

※金魚

 連休後半は自宅です。5月5日のこどもの日は、自治会が隣の公園でイベントをしていました。(線路を敷いてトーマスの小さい機関車の乗り物に乗れたり、出店がでたり)私は仕事に必要な本を買いに出かけましたが、本屋に着くやいなや「金魚を4匹もらったけどどうしよう」との妻からの携帯電話。水道水や余計な餌はやらずにそのままにして待ってくれといって、帰宅途中にホームセンターで買い物しました。

 水槽セット(濾過器や当座の餌や水道水の塩素抜き材)、水草、底に敷いて水草を留める砂利、餌、塩素緩和材(カルキ対応、昔は粒状だったが、今は液体しか置いてなかった)、魚を捕る網を買いました。

 最低限、金魚鉢と水草、塩素緩和材、餌をバラバラに買ってもいいのですが、その後が大変そうだったので、セット+αにしました。これで5000円を超えてしまいました。しかもガラスの水槽と砂利で持ち帰りが重たいです。weep

 小さい頃から、父が熱帯魚を飼育していたの見て手伝っていたので要領が分かっていたからいいようなものの、知らなかったら、店員さんに聞きながら、家に帰っても金魚を入れるまでの準備でとまどっていたでしょう。

■とりあえず五月人形の兜を左にずらして机の上に置いています。新居では水槽を置く台を造ろうと思います。熱帯魚のようにヒータを使わないので、湿気は気にならないと思いますがどうでしょうか?湿度計で確認しましょう。

0905050003

| | コメント (4)

2009年5月 1日 (金)

住宅ローン審査結果と着工の順番を守ろう

今日の教訓

■請負契約後、速やかに住宅ローンの審査を申し込み、審査が通ってから、着工しよう。(ただし、審査結果の有効期間が6ヶ月なので(私の申し込んだ三井住友銀行の場合)家が完成する日から逆算して6ヶ月になってから)

今日の教訓は、当たり前田のクラッカーだと思いますが、私の場合、請負契約し、着工してからのんびりと銀行に住宅ローン審査を申し込んだのでした。

銀行の担当者が、建設会社さんはどのようにして支払いされることを確認し、着工されたんでしょうね。と不思議がったので、この時点で、順序が逆だったと後悔。

銀行担当者は3,4日後に結果を電話連絡します。問題ないので審査は通ると思います。と言いましたが、待てど暮らせど連絡が来ません。もしや不適格?この心配のまま大型連休を過ごすわけにはいきません。

今日、13時過ぎに銀行担当者に電話しました。申し訳ございません。連絡できていませんでした。全く問題なく審査を通っています。と詫びながら伝えてくれました。ほっとして気が楽になりました。残金を払う目処が付いたので、ゆっくり連休を過ごします。

その代わり、国債増発のあおりで長期金利が上がっているのか、私の申し込むローンは先月より1.5%利率が上がっていました。2008年11月の水準です。2009年2月3月が一番低かったようです。国は住宅ローン減税を拡大させてはいるけれど、巨額の財政出動の財源の多くが国債のようで、結局、長期金利を上げさせ、住宅ローン金利が上がっている始末。

ちぐはぐな政策は止めてください。pout

以上

にほんブログ村のカウンターです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (8)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »