« 基礎断熱(着工14日後) | トップページ | 配筋工事その2(着工後16日後) »

2009年3月26日 (木)

配筋工事(着工15日後)

3月24日(火)に鉄筋を組む配筋工事が始まりました。

写真は25日朝6時過ぎに撮りました。(通勤途中)

■いつものように南から北を見ました。白い基礎断熱材の内側に鉄筋が見えます。

0903250001

■もう少し近づくと地中梁部分にも鉄筋が設置してありました。

0903250002

■南から、東側の型枠に近づいて見ました。

0903250003

■近づいた南東角から北西方向へ、全体を見てみました。

0903250004

■南西コーナーを近づいて見ました。コーナーの補強筋が入っています。

0903250005_2

■梁の部分をズームインしました。鉄筋の下にスペーサーが置いてあります。

0903250006

■いつもの北側を撮りました。北東コーナーの補強筋が見えます(赤い線の箇所)。一番上の鉄筋の補強が長いのは直径が太いためだと思います。横田建設さんからいただいた基礎詳細図では立ち上がりの一番上の鉄筋がD16で中間はD10なので、補強鉄筋を重ねる長さ(定着)は40dならば、40×16=640mm、同様に中間は40×10=400mmとなり太さに応じた定着長さになっているのだと思います。基礎断熱材と鉄筋の間にも(緑矢印)スペーサーがありました。(写真を撮ったときには気づかず、ブログを書いて気づきました)

0903250007

■コーナー以外の補強筋は鉄筋のつなぎ目のようです。

0903250008

■西側の立ち上がりにも補強してありました。

0903250009

■基礎断熱材の厚みを測ってみました。50mmのようです。(我ながら朝6時からよくやるなと呆れながら ┐(´-`)┌ )

0903250013

■基礎断熱材から鉄筋までの立ち上がりのコンクリートかぶり厚を見ました。50mm以上のようです。ここらへんはプロのチェックにお任せしますので、よろしくお願いします。それにしてもD16の鉄筋は太いです。※Dは異形鉄筋を表し、16は直径を表すそうです。

0903250014

・基礎工事の職人さんに飲み物などの差し入れができませんでした。(妻が2ヶ月の赤ん坊と2歳7ヶ月の腕白坊主の面倒を見ているので、外出できる時間が限られてしまって)

・今日25日夜、帰宅途中で現場を見たら内側の型枠やアンカーボルトが取り付けられていました。また、明日記録します。

●にほんブログ村のカウントボタンです→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

|

« 基礎断熱(着工14日後) | トップページ | 配筋工事その2(着工後16日後) »

410 基礎工事」カテゴリの記事

コメント

Dって、直径のDiameterかと思ってました!(笑)

>ここらへんはプロのチェックにお任せしますので、

だめです。なぜなら、プロはその家には住まないし、
その家のローンを払ったりしないからです。
一生に一度のイベントでもないし、多少の見落としでも
誰か死んだり怪我したりもしません。

たかおさんとは真剣さが違います(笑)

投稿: おきらく旦那 | 2009年3月26日 (木) 02時35分

こんにちは!!!
写真が多くて見ごたえがありますね。
そういえば1番上の写真を見て思ったのですが、わが家の場合は工事関係者以外は人があまり出入りしないように周りを囲ってましたが、たかおさん邸にはそういうのはないんですか?

投稿: ノリスケ | 2009年3月26日 (木) 10時51分

おきらく旦那さんこんにちは。人間は間違えるということを前提にして、物事を進めてゆくためには2重チェックは大事ですね。会社休んでチェックしますか。としたいところです。コンクリート打設前に設計の人がチェックしたと思うのですが、一緒に確認して疑問点ははっきりさせるのが一番良かったのかもしれません。

投稿: たかお | 2009年3月27日 (金) 01時12分

ノリスケさんこんにちは。基礎工事の段階では、現場は周りを囲っていないです。が、さわって欲しくない型枠の支え棒が道路に面している西側は、今日ポールが置いてありました。同じ分譲地ではセキスイハイム・ミサワホームの大手と、埼玉の中堅のPOLUS(中央住宅)は敷地境界に囲いがあったと思います。
今後もこのまま囲わず、仮設を組むのだと思います。

投稿: たかお | 2009年3月27日 (金) 01時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 配筋工事(着工15日後):

« 基礎断熱(着工14日後) | トップページ | 配筋工事その2(着工後16日後) »