« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

コンクリート工事(その3)(着工20日後)

今回でブログ100回目の記事になりました。

家造りと無関係なものが若干数件ありますが confident

土地を購入しようかと迷って、早くしなければ無くなるかもしれないと急いで、簡単な資金計画をたてて購入し、軟弱地盤に悩んだ時期や家に関するいろいろな情報に触れて、時にちょっと辛く、時に夢を描いて楽しく、半年あまりの期間は大げさでなく、これまでの人生の中では、密度の濃い充実したものでした。(まだまだこれからですが)

家を建てる人は半年間、有給とまでは言いませんので7割給付で休暇をもらえたら。こんな制度はどうでしょうか。長い人生、終の棲家か、資産形成か、人それぞれの目的ですが、たった半年、ゆっくり十分考えて家造りに取り組むのは無駄なことではないと思います。納得できる家造りは誰でも望むところですよね。長期優良住宅のストックが増えますよ。いかがでしょう麻生総理!舛添厚労相!金子国土交通相!

テンションを下げていつもの写真記録をします。

3月30日工事後の、31日朝に写真を撮りました。

今はコンクリートが固まってゆくのを静かに見守るだけなので、変化は無いと思っていました。

■南東から北西

0903310002

■ところが、一部のアンカーボルトに赤い印が付けられていました。何でしょう?

0903310004

■南側の立ち上がりにあるアンカーボルトには、追加で柱を設けた出っ張りの基礎部分にあるもの以外は、皆、赤くスプレーされているようです。

0903310005_2

■玄関土間の部分は、赤いところとそうでないところがあります。(気になります)

0903310006_2

■いつもの通り北側からも写真を撮りました。しっかり固まれ!

0903310007_2 

■ちょっと西側に向いて撮りました。今だから撮れる写真ですね。こうして見ると、これまで感心が強くは無かったコンクリートもいとおしく思えてきます。

0903310008

今日31日の夜、帰宅の道すがら現場を見ると、コンクリートのテストピースが回収されていました。検査機関に強度を調べてもらうそうです。

にほんブログ村のカウンターです→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

コンクリート工事(その2) (着工18日後)

3月28日(土)は、独立基礎のコンクリート工事だったようです。当日は子供の相手で現場に行けず、翌29日(日)に悲しみ(´□`。) の休日出勤の朝7時前に撮りました。

■南から全体を見ました。独立基礎に養生のビニールシートが巻かれています。

0903290001

■東南からの全景です。

0903290002

■南西コーナー部のホールダウン金物とアンカーボルトです。

0903290003

■西側の(たぶん)玄関ドアの枠が納まるところで一段下がっています。合板で囲ってあった場所でした。

0903290004

■独立基礎の中には、ホールダウン金物が必要な箇所がありました。

0903290005

■丸い金属の型枠は、横田建設さんが従来使い捨てだった型枠を改め、繰り返し使える金属製のものを造らせたそうです。コストダウンがはかれたそうです。うれしい話です。

0903290006

■北から見ました。

0903290007

・おまけ。会社に着きました。休日出勤の記念に1枚。

0903290008

・おまけ。神谷町なんですが、街路樹の桜が2分咲きほどでした。

0903290011

・おまけ。会社を2時半に切り上げて、帰宅の道すがら、草加市役所のしだれ桜を見ると、ほぼ満開でした。きれいなので思わず撮りました。

0903290012

・近づいてみました。鮮やかな色です。

0903290015

■現場に着いたら、もう猫の縄張りになっています。ゴミ置き場もあることだし、糞対策の必要性を感じました。

0903290016

・おまけ。西側道路の向かいに流れる川(汚い)を見ると、カルガモが2羽泳いでいました。もう少しきれいな川に行けばよいのにと余計なお世話ですね。昔に家を建てた人は下水道が無かった時代なので、浄化槽が付いていると思いますが、川に垂れ流しです。こういうところに2兆円を使って欲しかったです。麻生総理!住宅ローン減税の拡大はちょっとうれしいですが、一般住宅は1%、長期優良住宅は1.2%の税額控除ですが、長期優良住宅の認定には、着工前の申請が必要で、申請受付が法律の施行日である平成21年6月4日からとのこと。つまり我が家は対象外。

0903290017

■西側道路から全体を撮りました。陰が私です。土曜の終電+45分の深夜歩き、日曜朝からの休日出勤で _ノフ○ グッタリ なのでいろいろ撮らないで帰りました。あとは、比較的暖かな気候になることを願ってコンクリートの固まるのを待つのみです。

0903290018

にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

コンクリート工事(その1) (着工17日後)

3月27日(金)は天気がよいのでコンクリート工事を始めました。

会社が忙しいところですが午前半休して、2歳8ヶ月の男の子と一緒に見ました。おもちゃでなく、本物のコンクリートミキサー車を見せたかったためです。本人も待ち遠しかったようです。また、本物の大きさに驚いたようです。

■コンクリートミキサー車の到着です。この後ろには、次のミキサー車が待機していました。

0903270031

■コンクリートミキサー車の後ろには、コンクリートを圧送する車が待っていました。

0903270032

■コンクリートを立ち上がり部分から流してゆきました。左の人は棒で、右の人はバイブレーターでコンクリートが隅々まで行き渡るようにしていました。

0903270041

■コンクリートを型枠に入れる人は声で合図しながら右手で調節して作業していました。

0903270042

■左側で手に持っているのがバイブレータで、ウィンウィン音を立てて振動しているようです。青い手袋の人がコンクリートを型枠に入れています。

0903270047

仮設トイレが入る前に小型の電柱と工事用電源盤が設置されていました。そのときは基礎工事に電気が必要な理由がわかりませんでしたが、このバイブレーターだったんですね。

■コンクリートの強度を試験するテストピースの黒い入れ物が3つ並んでいます。この現場に置いて固めてから試験を行う専門の会社に送って強度を確認するそうです。現場の横田さんから説明を伺いました。

0903270052

■工事現場全景(青空です) コンクリートを流す人は圧送車に合図しながら出したり止めたりして調整しているようでした。

0903270054 

■基礎やさんが型枠などの具合を再点検し状況を見ながら、型枠の支えを追加していました。「今日はずいぶんしっかり固定するね」と他の作業する方に言われていました。建て主としてはその場の状況を見ながら判断してもらいしっかりさせる事はありがたいです。

0903270056

■南側の型枠に進んできました。

0903270060

ここで、私は会社に行きました。

後の2枚は妻の写真です。

■3月27日(金)コンクリート工事を朝8時半頃から始めて、12時20分頃の写真です。すでにベースにもコンクリートが打設され、一通り終わったようです。写真の職人さんは型枠の奥隅までコンクリートを押し込んでいるのでしょうか?

0903270062

■立ち上がりとベースに、コンクリートを一度に打設しました。この方法は立ち上がりとベースをより強固に一体化させ、シロアリの進入も防ぐためだそうです。コンクリートミキサー車をもう一度呼ぶ必要もなく、合理的な方法だと感じました。しっかり造って頂いてありがとうございます。

0903270063

●この日は終電まで残業した上、一駅乗り過ごしたので、金曜日のためかタクシーも無く25分余計に合計45分歩いて家までたどり着きました。深夜に現場をみたら、立ち上がりの上部に養生の覆いがされていました。深夜3時頃、7&11で買ったあんパンとクリームパンを食べて寝ました。(u_u。)

にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

配筋工事(その3) (着工17日後)

3月26日(木)の工事後、27日の朝の写真です。

■南から。左(西)側の立ち上がり内側や奥の玄関土間部分にも型枠が設置されました。

0903270001

■型枠を支える太いパイプが加わりました。

0903270002

■アンカーボルトと鉄筋が金属線で緊結されていました。

0903270004

■この金具は、やはり内側の型枠を支えるための物でした。

0903270005_2

■この出っ張り部分は梁をさえる柱をもう一本補強することにしたので、その基礎を追加した物です。横田社長さんの意見を了解してお願いしました。南側の壁にこの柱が出っ張るが丈夫に造ってもらうことを優先して社長さんの提案を実現したものです。小回りがきいて良かったです。

0903270006

■南から北を見た東半分です。

0903270007

■南から北を見た西半分です。

0903270008

■西側道路に面している立ち上がりです。こちらも太い金属パイプの支えが追加されています。

0903270009

■玄関土間部分です。

0903270011

■北寄り 左奥が風呂とトイレ、手前が階段です。リビング階段ではありません。

0903270012

■北西から南東への全体です。玄関、こんなに大きかったかな。型枠の厚みを見ちゃっているから大きく感じるのかもしれません。

0903270013

■一番北側を西から見た。風呂とトイレの場所。(何度も出てきます)

0903270014

■北東から南西方向の全体。

0903270015

■東側の立ち上がりを北から見た写真です。

0903270016

■北東から南西方向の写真です。一番右上にゴミ置き場の壁が見えます。

0903270017

■摩擦杭の頭から出ている鉄筋が、独立基礎の鉄筋に結びついていました。

0903270018

■北から見た写真です。

0903270020_2 

■玄関土間部分で、赤で囲ったところ黄色の合板が埋められています。ここに玄関ドアを設置するのだと思います。

0903270022

■右側に近づいてみました。赤い線のくぼみは、仏壇との背中合わせで仏壇の奥行きで余った部分を玄関側に取った結果です。用途は未定です。傘立て置き場か?

0903270024

■賃貸マンションのベランダの鉢植えの小木から花芽が出ていました。さくらんぼう(か、もも)の種を埋めておいたのが芽を出して数年経ち、今年初めて花が咲きそうです。

0903270027

※コンクリート工事日直前の朝7時頃の写真でした。この後8時からミキサー車が来てコンクリートを打設しました。明日、記録します。

にほんブログ村のカウンターボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

配筋工事その2(着工後16日後)

3月25日(水)の工事後、26日(木)朝の写真です。

■南から北を見ました。昨日の写真と比べると内側にも型枠が取り付けられ始めています。基礎断熱材で白かったのですが、内側の型枠で黒くなっています。

0903260001

■もうちょっと寄って見ます。写真右側(東側)・奥(北)・手前(南)に内側の型枠が取り付けられています。よく見るとホールダウン金物(黄色印)とアンカーボルト(赤印)も取り付けられています。

0903260002

■もう少し引いて全体を南東から見ました。黄色い線の部分が(平面図と照らし合わせると)玄関土間になります。

0903260003

■南正面からまっすぐ北を見ました。地中梁のくぼみの位置に円筒型の独立基礎の配筋が施工されています(黄色枠内)。横田建設の社長さんとの話の中で「独立基礎」という言葉が出てきて理解できなかったのですが、後で説明してもらいました。なぜ円筒型なのか聞いたところ、床下内部での空気の流れのじゃまにならないようにと教えてもらったかと記憶しています。(違っていたら後で訂正します) 今、実際の物を見て理解しました。独立基礎の上に大引が組まれると思います。

0903260004

■南西コーナーの西側で、金物が並んで見やすかったので撮りました。よく見ると基礎断熱材に金物の位置が描かれているようです。

0903260005

■もうちょっと引いて西側を広く見ました。太さの異なる鉄筋と補強の鉄筋・スペーサー・ホールダウン金物・アンカーボルト・独立基礎の円筒配筋・地中梁の配筋・コンクリート摩擦杭の頭から出ている鉄筋・基礎断熱材・型枠、これらを留めている金具などたくさんあります。

0903260006

■西側から見た玄関土間部分です(たぶん)。26日の夜、帰宅するときに見たらここにも型枠が取り付けられていました。こんなに広かったっけと感じたので”たぶん”が付きました。

0903260007

■独立基礎にもがありました。荷重が大きい箇所はなのでしょうか?この写真は鉄筋が一番多く見えます。

0903260008

■北側から南方向です。右(西)側はまだ内側の型枠が取り付けられていません。これだけ手間がかかっていると、基礎工事の終わりにも上棟式のような、何かがあっても良いような気がしました。特にかがんで行う作業が多そうなので腰への負担が大変でしょう。私は腰痛持ちなので想像できます。

0903260009

■北西側です。手前はトイレの位置です。ホールダウン金物(ホールダウンアンカーボルトと書いてある本もあった)とアンカーボルトが取り付けられています。右側がくぼんでいるのは、うちを含めた14世帯の分譲地のゴミ置き場があるためです。うちはこのハンデをポジティブに捉えて、外に出ずに窓を開けてゴミ置き場にゴミを捨てようかと妻に冗談を言ったことを思い出しました。★絶対そんなことしませんから★

0903260010

■最後に南西から北東に向けて全体を撮ろうとしましたが、コンパクトデジカメの35mmレンズでは納まりきれず北側が見えません。もう少し引くと西側道路に下がってしまうので中が見えません。28mm広角レンズで撮りたかったですが、うちにはフィルムカメラなら一眼レフで28mmレンズがありますが、今朝撮った写真を夜ブログには載せられません。ここがデジカメの凄いところですね。(今頃感心した)即見られデータになる。

0903260011

●今朝はあまり時間がなかったので、じっくり見られずさっと写真だけ撮って会社に行きました。

●夜、帰宅途中で現場を見たら、型枠は全て取り付けられ、ほとんど終了で後はコンクリート打設のみという雰囲気でした。

●帰宅して、このブログを書いているときに、明日3月27日(金)にコンクリート打設すると、横田建設の設計の方からメールが来ました。日にちが決まったら教えてくださいと頼んでおいたのです。うちの2歳の7ヶ月の男の子がコンクリートミキサー車が来るのを楽しみにしていたのです。(捨てコンクリートの時も来たと思うが) また、明日、記録します。

にほんブログ村のカウントボタンです→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

配筋工事(着工15日後)

3月24日(火)に鉄筋を組む配筋工事が始まりました。

写真は25日朝6時過ぎに撮りました。(通勤途中)

■いつものように南から北を見ました。白い基礎断熱材の内側に鉄筋が見えます。

0903250001

■もう少し近づくと地中梁部分にも鉄筋が設置してありました。

0903250002

■南から、東側の型枠に近づいて見ました。

0903250003

■近づいた南東角から北西方向へ、全体を見てみました。

0903250004

■南西コーナーを近づいて見ました。コーナーの補強筋が入っています。

0903250005_2

■梁の部分をズームインしました。鉄筋の下にスペーサーが置いてあります。

0903250006

■いつもの北側を撮りました。北東コーナーの補強筋が見えます(赤い線の箇所)。一番上の鉄筋の補強が長いのは直径が太いためだと思います。横田建設さんからいただいた基礎詳細図では立ち上がりの一番上の鉄筋がD16で中間はD10なので、補強鉄筋を重ねる長さ(定着)は40dならば、40×16=640mm、同様に中間は40×10=400mmとなり太さに応じた定着長さになっているのだと思います。基礎断熱材と鉄筋の間にも(緑矢印)スペーサーがありました。(写真を撮ったときには気づかず、ブログを書いて気づきました)

0903250007

■コーナー以外の補強筋は鉄筋のつなぎ目のようです。

0903250008

■西側の立ち上がりにも補強してありました。

0903250009

■基礎断熱材の厚みを測ってみました。50mmのようです。(我ながら朝6時からよくやるなと呆れながら ┐(´-`)┌ )

0903250013

■基礎断熱材から鉄筋までの立ち上がりのコンクリートかぶり厚を見ました。50mm以上のようです。ここらへんはプロのチェックにお任せしますので、よろしくお願いします。それにしてもD16の鉄筋は太いです。※Dは異形鉄筋を表し、16は直径を表すそうです。

0903250014

・基礎工事の職人さんに飲み物などの差し入れができませんでした。(妻が2ヶ月の赤ん坊と2歳7ヶ月の腕白坊主の面倒を見ているので、外出できる時間が限られてしまって)

・今日25日夜、帰宅途中で現場を見たら内側の型枠やアンカーボルトが取り付けられていました。また、明日記録します。

●にほんブログ村のカウントボタンです→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

基礎断熱(着工14日後)

3月23日(月)は、基礎断熱材を外側の型枠の内側に取り付けてもらいました。強風の中での施工ありがとうございます。

以前、横田建設さんとの打合せで、基礎断熱材(ミラポリカフォーム)はシロアリが噛めない固さなので、地面から基礎断熱材を通ってくることは無いでしょうと説明していただき、サンプルを触ってみましたが確かにポリスチレンの断熱材よりはるかに固かったです。

googleでミラポリカフォームを検索したところ、素材はポリカーボネート樹脂で防蟻性に優れ、薬剤を使わないので人・環境に優しいとのこと。また、(社)木材保存協会から初のノンケミカル防蟻性断熱材として認定を受けたそうです。どんな方法にしろ、シロアリ対策は大事ですね。

詳細は、JSPのホームページから→ http://www.co-jsp.co.jp >製品情報>建築土木資材>【基礎】防蟻性断熱材をクリックです。

写真は24日朝、撮りました。

■南から北です。型枠の内側に白い基礎断熱材が取り付けられました。

0903240001

■南から、もう少し寄って見ます。

0903240002

■南西角の型枠あたりです。

0903240003

■北寄りを西側から(いつもの、左奥が風呂・トイレ、手前階段の位置です)

0903240004

■北から南へ 防湿シートも水滴で白くなっていて、ここだけ雪でも降ったように白くてきれいな風景です。(お気楽建て主wink

0903240005

■留め方を見ました。北西角です。

0903240006

■西側は玄関ポーチから降りる階段の分、基礎を深くしている箇所(緑のかこみ)です。

0903240007

■南西を深くしているので、南面もそれにあわせて1段深くなっています。(緑のかこみ部分)

0903240008

※24日夜、帰宅途中で現場をみたら配筋が始まっていました。明日、記録します。

にほんブログ村のカウントボタンです→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

型枠設置工事(着工12日後)

3月21日(土)の工事後、22日の朝・昼の写真です。

■現場の様子(型枠設置)を記録しました。南側からです。金属の型枠です。(何かの本には寒い時期には木枠の方が冷えないから良いと書いてありましたが、桜の咲く春なのでしっかりと固めてもらいます。手前の土の部分が我が家の猫の額ほどの駐車場と庭です。

0903220002_2

■外側の枠を設置しています。内側の枠を支える取付金具が下に並んで見えました。

0903220003

■内側の枠の支える(と想像する)金具のアップです。違ったら後日訂正。

0903220004

■南西角の部分です。色々な留め金具が使われていました。金属の型枠の下は木の枠でした。

0903220005

■西側です。木や金属の棒で型枠を横から支えています。使い分け方があるんでしょうか?

0903220006

■型枠に近づくと、下の部分も押出されてずれないように木片や残っている砕石で押さえてありました。

0903220007

■北側から見た全体です。一番向こうの黒い型枠が無いところは作業するための入り口でしょう。

0903220008

■北側の型枠を西から見ました。向こうの水貫の板に書いてある”断熱材”(緑の枠内)が型枠の内側に来ることが分かります。基礎断熱材を型枠に取り付けて配筋後にコンクリート打設するとのことです。

0903220009_2 

■発見! この棒で位置を把握していたんだと思います。わかりやすいです。たぶん上から、”??天端”、”外 内”、”GL”、(内側)”割ぐり石”、”ステコンクリート”、”割石”と描いて位置を示しています。

0903220011

■もうちょっとアップしてみます。

0903220012

■先行して埋めている配管全体を、また、撮りました。内枠を支えると思われる金具より内側にあります。

0903220013

■北側から東の型枠を撮りました。摩擦杭の頭の鉄筋は型枠と内側型枠を支える(と思われる)金具の間にあります。基礎の立ち上がりの部分の下でしっかり杭が支えると思います。

0903220014

■北側部分を西から見ます。左奥が風呂・トイレ、手前に階段が来ます。

0903220022

■この段差は玄関ポーチの階段を下りたときに基礎が下まで見えることになるので、その分深くしておくためだそうです。プロにとっては当たり前の事かもしれませんが、建て主にとってはその設計・施工と説明は、色々考えていただいて大変ありがたいです。

0903220023

■西側を深くしたので、南西角が深くなるので、南側は深い位置からだんだん(たぶん2段階で)通常の位置に上げているように見えます。

0903220024

■南西から北東方向です。

0903220025

■捨てコンの位置から型枠を留めるまでの様子です。

0903220027

この日は5人の基礎工事のがっしりとした職人さんが型枠を組み立てていました。金属の型枠は重いけれども設置位置は正確に決めないといけないだろうし、型枠を押さえる金具のねじもたくさんあるので大変だと思いました。

にほんブログ村のカウントボタンです→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

■21日(土)は設計の方と現場で打合せしました。

 1)西側道路のフェンスの基礎を玄関前の階段より先に施工したほうがフェンスと玄関からの階段のコンクリートの隙間もほとんど無くなり納まりが良いため、フェンスの基礎を先行させる。ついてはフェンスの基礎をどこまで伸ばすか(門扉の位置までの確認)決めて、見積もってもらう。

 → 一番下の段差から62cm先までとしそのさきから門扉とする提案で見積もりをお願いした。

 2)南側掃き出し窓から北に向かって3間弱近くの長いスパンなので、米松集成材を使うが、強度の確保と2階のベランダが下がった位置からの梁なので高さ(成)があり、この梁の下の面から1階の天井とすると、部屋の広さに比べて天井が低めになる。そこで梁を現しにし、その分天井を高くすることが考えられるが(横田建設さんからの提案)、集成材の現しで気にならないか?

 → 構造材で唯一集成材を使う箇所を現しにすることになるので、ちょっと考えましたが、家を支えているくれる梁を直接見るのも良いと思ったので(*^.^*)、OKしました。

 3)2)の梁を支える柱は、理想的には南掃き出し窓から北側に90cm手前の2階のベランダの掃き出し窓の柱の位置と合わせるのが良いが、1階のリビングの広さを邪魔するようになりもったいない。そこで、今は1階の掃き出し窓の横架材に架ける形になるがその幅で問題は無い。しかし、よりしっかりと梁を支えるために今の設計の柱の内側に、壁から出っ張ってしまうがもう一本支えの柱を施工するのが良いがどうか?(横田建設さん提案) 

 ★打合せで設計の方から様々な図面のうち手書きのものを見せてもらい、社長さん自ら設計されていることを聞きました。恐れ入ります。ありがとうございます。m(_ _)m

 →お願いしました。ひのきの柱です。2)3)とも現しが気になるようならば、壁紙(アトピッコハウスのすっぴんクロス)を貼ることにしました。たぶん貼りません。

 打ち合わせの後、徒歩1,2分の賃貸マンションまで設計の方に来てもらって屋根と壁のサンプルの説明をしてもらい、借りて色を決めることになりました。屋根は3末、壁は4末期限です。大体イメージしていたので決められそうです。

 ★「設計の方」とは、20代だけれども、うちの会社の同年齢の社員よりかしっかりしていると感じる好青年です。「いただいた電話で申し訳ありませんが...」のフレーズがさっと出てくるところなど、普段の心構えが良いんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杭工事の動画

Cocolog_oekaki_2009_03_22_02_36

マウスが震えてへたくそな絵ですが、イメージがつかめてもらえればよいです。

2月27日の雪の日の杭工事について、 動画をアップしました。

2月28日に書いたブログの一番最後に動画へのリンクがあります。

http://kobataka1965.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-dc2c.html

●昨日のブログの「水道加圧装置」のタンクは、まだ仮設用の水道が引けていないため用意したものだそうです。建築現場と同じ市内の建て主が住民票を添付して申請すれば、若干仮設水道の設置料金が安くなるとのこと設計の方が説明してくれたので、明日日曜日の午前中(臨時窓口オープン時間)に市役所に住民票を買いに行きます(たぶん200円)

いつものにほんブログ村のカウンターボタンです→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

防湿シート・捨てコンクリート

3月20日(金)朝の写真です(最後の2枚は昼)。摩擦杭の頭の鉄筋が立ち上げられ、防湿シートが敷かれ、コンクリートで押さえてあります。

■南から北方向です。杭工事の設計図と照らし合わせると、南北方向は1.8mごとに根切りし、東西方向は西側から2mくらい、東側から4mくらいの幅の位置で掘ってあるようです。

0903200001

■「水道加圧装置」(荏原製作所?)がおいてありました。明日設計の方と現地で打ち合わせがあるので聞いてみます。

0903200002

0903200003

■南側からローアングルで、地盤を2分割している溝を撮りました。

0903200004 

■南西から北東を見た全体です。

0903200005_2

■西側から接道を含めて全体です。今朝はさっと雨が降ったので道路が濡れています。道路の緑の線は通学路を意味しています。毎朝小学生も見ているんです。将来、うちの子もこの通学路から小学校へ通います。きっと14区画の分譲地で班を作って登校するんでしょうね。班長さんは6年生ですよね。私も昔やりました。団地住まいのとき。

0903200006

■防湿シートの継ぎ目をテープで止めています。

0903200007

■要所要所に(たぶん(^-^;)コンクリートを置いてシートを押さえています。

0903200008

■左奥に2つ(トイレと風呂?)、右奥に1つ(洗面所?)、ねずみ色の配管が先行して埋めてありました。

0903200009

■配管を北側から見ました。手前と左奥です。手間には黒くて細い上水管(たぶん)もありました。

0903200010

■もう一箇所、ねずみ色の配管と黒い配管を見つけました。一番左奥です。台所用だと思います。なんだか間取りが分かってしまいますね。単純明快な間取りです。

0903200011

■配管全部を写しました。平面図から想像して写真に用途を書きました。南北に長い敷地なので、それを生かして(というより考えてゆくとそういう結果にたどり着く)、水周りの動線を南北に一直線で間取りを考えました。

0903200012

■発見!”玄関カマチ”の文字です。玄関土間の基礎に関係するからでしょうか。

0903200013

■記念写真です。根切り・杭の鉄筋・捨てコン・防湿シートを、ローアングルで撮りました。

0903200014

■砕石の大きさの写真です。持っていた傘の柄と比べました。(タバコは吸いません)

0903200015

■南西から全体を撮りました。

0903200016

■北から全体を撮りました。手前の駐車場は北にある賃貸マンションの方々専用です。

0903200017

■20日のお昼にもう一回見に行って撮ったものです。今日の4枚目の写真と同じ位置です。朝のほうが光が穏やかで写真撮影にはいいですね。コンパクトデジカメのフルオートで撮ったので、光と影の差が大きく、絞りの設定が暗いほうに引きづられて明るい防湿シート面がとんでしまいました。絞りを防湿シート面に合わせるマニュアル撮影をすればよいのですが、使い方を忘れちゃったのです。昔よく使っていたフィルムの一眼カメラ(NIKON FTn)ならまだ手が覚えていると思うんですが。

0903200033

■発見!そういえば以前設計の方に、杭の高さを色分けして地面に示している杭打ち写真の説明を聞いていたのですが、ここで段差ができて杭の高さが違っています。玄関に入る手前あたりです。

0903200034

今日もたくさん撮りました。

今日は工事はお休みでした。

にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

地業工事(着工8日経過)

3月18日の基礎工事後、19日朝7時半の写真です。

根切りされ、大きめの砕石が敷き詰められていました。前日の白い線は根切り箇所を示していたのだと思います。真っ白な石で朝日を浴びてきれいでした。今だけ見られる光景ですね。きれいなので写真をたくさん撮ってしまいました。

■南側から見ました。5行×2列+1(一番奥)の区画に分けて根切りし、砕石が敷き詰められています。杭の配置図と照らし合わせると、この分割ならば溝の部分に33本全ての摩擦杭の頭が出ると思います。

0903190001

■南よりを西から東に向かって。根切りの位置は先行して摩擦杭を打った場所なので杭の頭が見えます。

0903190002

■いつもの西から東に向かって左奥が風呂とトイレになる位置です。

0903190003

■北から南を見ています。このフェンスは北側の賃貸マンションの駐車場のフェンスです。

0903190004

■これはフェンス越しに、北から南方向を見た写真です。赤い丸が摩擦杭が良く見えたものです。

0903190005_2 

■一番北の西側角です。トイレの角です。三角の摩擦杭が見えます。鉄筋が寝ていますが、今晩起こされていました。明日写真をアップします。

0903190006_2 

■”断熱材”と、”y12”の記号が見えました。基礎断熱の位置を示しているのでしょうか?”y12”は平面図上の位置を示すXとこれに直交するY方向の12番目という意味だと思います。一番北側の壁面がY12なので。

0903190007

■上の写真が西側ですが、その向かいの東側にも”断熱材”と、”y12”が水貫に書かれていました。(その奥の室外ユニットはお隣のお宅のエコキュートが写ったものです)

0903190008

■これも一番北の位置です。もう飽きましたか?建て主はうれしくて朝の通勤で駅まで歩く途中の現場でパシパシ写真を撮っていました。

0903190009

■南西の電柱横に設置された仮設トイレです。お食事前後の方すみません。IHIのミニショベルも写しました。大働きだったでしょう。

0903190010

■これで最後です。南西から北東方向を見た全体です。何事も基礎が大事ですよね。

0903190011

●感動の大きさ分、写真が増えてしまいます。すがすがしい朝の雰囲気も手伝って。基礎工事の方々、ありがとうございます。妻は1ヶ月半の赤ちゃんと2歳7ヶ月の子供がいるのであまり外出できないため、工事中の現場を見られず残念がっています。私はもちろん見られません。土曜日に工事をしているときだけ見られます。

にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

基礎工事開始

3月17日に基礎工事が始まりました。

地業工事で、ベタ基礎の根切り(掘削)が始まっています。

写真は3月18日の朝7時半頃ですので、17日の工事結果を見ることになります。

■平らに整地した後、基礎の立ち上がり部分をまず掘ったようです。摩擦杭の頭の鉄筋や、右端には白い地縄が見えます。

0903180004

■遣り方の水貫の板を一時はずして(こんな狭い幅から)、入って掘ったようです。

ショベルカーを操作する人はすごい技術ですね。

小型のIHI(昔の石川島播磨重工業でしょうか)を初めて見ました。ネットでIHI建機のホームページを見たら、「ミニショベル」という名前でありました。IHIの会社沿革をみたら昭和35年に石川島重工業(株)と(株)播磨造船所とが合併したそうです。

家造りと無関係ですみません(^-^;

0903180005

■南西から北東方向です。奥の出っ張り部分は風呂とトイレの場所です。

0903180006

■西側からです。この四角くきれいな根切りはショベルカーで掘ったのでしょうか。

 作業現場を見たかったです。

あまり関係ありませんが、左奥が風呂とトイレで手前が階段の位置になります。

摩擦杭の上に基礎の立ち上がりがくるように掘っています。

白線が何を意味しているのか、朝の写真では分からなかったのですが、夜帰宅時に見たら、この白線に沿って同じように掘ってありました。地中梁になるところでしょうか。明日また写真を載せます。

0903180007

☆地味で短期間の工程ですが、大事なところだと感じました。ありがたいです。とともにドキドキわくわくしてきます。きっと工事現場が好きなんでしょうね。家を含め、ものが出来上がっていくことに感動します。普段はパソコンデータと若干の紙だけの仕事ですから。

にほんブログ村のカウンターボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

確定申告の源泉徴収票

住宅ローンを銀行に申し込むときには、会社員なら源泉徴収票の原本が必要です。

その前に、医療費控除で還付のための確定申告をするときにも源泉徴収票の原本が必要です。

確定申告の添付書類は(可能な量ならば)申告書の裏面に糊付けするので、申告書に源泉徴収票を貼り付けてしまっては、その後に住宅ローンを申し込めません。税務署に問い合わせればよかったのですが、皆さんどうされているのでしょうか。

今回は、添付書類の不要なe-Tax(国税・電子申告納税システム)で還付申告しました。

・市役所に行き、住民基本台帳カード(500円、10年間有効)と電子証明書(500円、3年間有効)を取得した。→本人確認のための運転免許証があったので20分ほどで手続きが終わり、電子証明が記録された住民基本台帳カードが買えました。顔写真の有無を選べます。有を希望したので市役所の職員がデジカメで撮りました(無料)。■私の住む市役所では水曜日は夜9時まで窓口が開いてますが、住民基本台帳カードの発行は複数の市町村で運用しているサーバ稼働の制限から9~17時(受付締め切りは16時半)ということで、しかたなく会社を午前半休して役所に行き買いました。

・帰宅途中で寄り道して家電量販店に行き(私はヨドバシカメラ)、ICカードリーダライタを買いました。私と同様にe-Taxしようとする人が数人売り場で品物を選んでいました。パソコンのOSの種類とバージョンで使えるものが変わるので事前確認が必要です。市役所で利用可能な一覧表をくれました。私の場合はWindowsXP(ServicePack3)で使える中から、PASMO/SuicaやEdyの残額表示等もできるSONY製を買いました(2950円、ヨドバシポイントが別途付く)。amazonなら2000円ちょっとでSHARP製などが売っていたと思います。

■ICカードリーダライタ(USB接続)と住基カードです。青封筒に入っている源泉徴収票を添付せずに済みました。

0903150008

・ICカードリーダライタに付属のCD-ROMでドライバをインストールし(私のSONY製の場合はICカードリーダライタの設定を画面から行ってから)、国税局のサイトからe-Taxを利用するための事前準備のセットアップボタンを押して、4つの準備を1度に行いました。(①信頼済みサイトの登録 ②ルート証明書のインストール ③公的個人認証利用者クライアントソフトのインストール ③署名送信モジュールのインストール) 

・サイトの案内どおり、電子署名を付与するための署名送信モジュール(ActiveX)を使用可能とする設定と、ポップアップブロックを解除する設定をIEのインターネットオプションから行い、開始届出と初期登録を画面入力しました。

※ここまでで、市役所で入力した住基カードのパスワードと電子認証のパスワード(同じでよいといわれたので同じにした)→公的認証サービスのパスワードと、e-Taxの初期登録で入力する暗証番号と納税用確認番号というようにパスワードの類が3つも4つもあるし、納税用カナ氏名を半角カナで入力させたり、初期登録で発番される利用者識別番号16桁があるので、後で入力に使うだろうから、メモ帳に控えながら間違わないようにした。

・源泉徴収票や控除に必要な書類を見ながら(私の場合は寄付金控除)入力してゆきます。送信前確認の申告書をプリントさせるので、入力前にプリンタの接続が必要です。入力前にチェックリストが表示され準備が整っているか確認できるようになっていました。

・今年初めてe-Taxで申告する人は電子申告税額控除の入力ボタンを押すと5000円還付されます(これを忘れると損します)。最後に還付金の額を確認するボタンを押して、無事送信できました。還付金は指定した銀行口座に振り込まれます。

・最後にアンケートがあったので、住基カード発行時や申告前の初期登録時など複数のパスワードがあり、日本語名だけだと似通っていて間違えやすいため、例えば「e-Tax暗証番号(A)」というようにAというような記号を付けて判別しやすくすると良いだろうと書いておきました。

※今回は添付書類なしで良い為、準備のためにお金と時間を使ってe-Taxで申告しましたが、そうでなかったら例年どおり紙にプリントして郵送で還付申告していたかもしれません。確定申告のホームページは毎年改善され、e-Taxもパソコンの扱いが煩雑にならないように工夫されていましたが、それでも終わったときはフーッという感じでちょっと疲れました。

にほんブログ村のカウンターです→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

着工です。

2009年3月10日、着工しました。「水盛やり方」の始まりです。木杭に横に打ち付けてある板(水貫というらしい)が見えます。

■南から北

0903130013

■東南から北西へ (手前の穴にコンクリート摩擦杭の頭に付いている鉄筋が顔を出しています)

0903130014

■確認表示板が設置されました。 この表示板は西側道路に面していて人通りが比較的多いので、ちょっと恥ずかしい感じです。朝は、小学生が登校する通学路にもなっています。工事のおじさんの絵が古風です。

0903130015

にほんブログ村のカウンターです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

室内無垢引き戸

室内引き戸は、無垢のフローリングに合わせて、調和を取りたいので、お金のことは一時忘れて、土曜日にサンウッドさんまで、現物のカットサンプルを見てきました。インターネット販売 http://www.sun-wood.com/ の事務所はマンションの1室でした。一時間ぐらい話してきました。

トイレドア以外なら、取っ手部分は木製にすると触った感触が良いとのことでした。

ドア・引き戸も目に付きやすいので、できれば納得の行くものを(ここが避けて通れないのですが予算の範囲で)選びたいです。

■ホワイトアッシュ(北米産タモ) しっかりしていて重厚で木目もきれいでした。40kg近くあるので、枠もしっかりしたものを選んでくださいとのことです。ガラスを入れる場合は、縦に2枚はめるものが一番お得だそうです。型ガラスを入れた場合、30kg程度だそうです。手触りも良かったです。集成材です。

0903070006

■ポプラ

ホワイトアッシュの半分ほどの重さでした。木目は穏やかです。集成材です。写真では赤身が強く出ていますがもう少し白っぽいです。

0903070007

■新月伐採・葉枯らし天竜杉(左)、桧(右)

杉も桧もすがすがしくいい感じでした。杉は白太も入っています。

0903070008

にほんブログ村のカウンターです。→ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

内装の素材・建材の本

「こだわりの家」さんのブログで紹介されていた本を買って読みました。

住宅・インテリアの基本がわかる 素材・建材ハンドブック[スタンダード]

ここから買えます↓

http://www.xknowledge.co.jp/book/detail/28320611

セキスイハイムのインテリアコーディネータが持っていた本だそうですが、注文建築の建て主が内装を考えるときにも基本から図で説明されていて良いと思います。内装の素材について戦後から現在までの流行り廃りに触れ、現在はこうなっていると、カラー写真が豊富に使われ、分かりやすかったです。

例えば、ロックウールってよく聞きますが、いったいなんだろうと思うとカラー写真もあります。

そのうち、「注文住宅を建てる建て主のための本」なんていうのが出るかもしれませんね。でも市場は狭いか。

0903080001

冒頭の、「戦後」がもたらした住宅素材の大変貌 では流れがざっとつかめます。

”産業側の需要開拓の場として、ものすごく希望に満ちた分野として住宅があったわけです”

戦前の木造住宅はごく一部の特権的な人たちが「旦那」として、大工、左官、建具屋、植木屋などを仕切って目利きのある「旦那」が育てていた。が、庶民は借家がほとんどだった。今は、「小旦那の時代」と呼ぶ。「旦那」ほど目利き実力は無いが、それぞれの趣味で住宅の素材についても色々言い始めている状況とのこと。私も色々注文をつけてます。

私がまたまた障子で感心したのは、2008年11月24日のブログで「障子の断熱性能が2重のカーテンでカーテンボックス付きとほぼ同等」と、意外に断熱するのだな、と感心していたのに加えて、この本では、138ページで、昼間は障子を通すと40-50パーセントの光の透過率で紙を通して拡散しやわらかい光が回る。とあり、その続きに、障子は夜間には壁の一部として照明光の反射面になる。透明ガラスの反射率10パーセントに対して、障子紙は35~45パーセント。光をやわらかく反射することで照明効率を高める効果がある。”と在ります。和紙ってすばらしいですね。

いつもの本の紹介のように、目次を拾います。

■床材

無垢、複合、竹、コルク、畳、籐・サイザル・ココヤシ、リノリウム、ビニル床材、三和土、洗い出し、石材、床タイル

■壁材

土壁、漆喰、既調合左官材(珪藻土・火山灰・漆喰系など)、壁タイル、壁紙(ビニル、輸入不織布、和紙、紙、織物、刺繍など)、漉き模様の和紙、染め紙

■天井材

和室、数奇屋風、リビング

■建具

襖紙、障子紙、木製内装ドア・引き戸、樹脂の面材、サッシ

■造作材

針葉樹、広葉樹、床柱、竹材、集成材、突板、合成樹脂オーバーレイ、金属、人工大理石

■塗料

漆、顔料と油、柿渋、ベンガラ、亜麻仁油、ポリウレタン樹脂塗料、自然系塗料(天然樹脂、ワックス・ロウ、オイル、ワニス

■下地材

合板(ベニアコア、ランバーコア、針葉樹)、ファイバーボード、パーティクルボード、ハードボード、MDF、インシュレーションボード、LVL、PSL、OSB、せっこうボード、セメント系ボード

■断熱材

無機繊維系(グラスウール)、発泡樹脂系、羊毛、セルロースファイバー、植物繊維、炭化コルク、ポリエステル繊維系

日本ブログ村のカウンターです→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

緒川たまきさん結婚

今回は、家造りとはまったく関係ないので、そのつもりでいらした方は、すみませんが、過去記事か、次回に見てくださるようお願いします。

建て主の趣味です。たまきさんの本は写真集とご自身のブルガリア旅行記の2冊買い、三軒茶屋での舞台を見に行き、映画「ナチュラル・ウーマン」「SFサムライ・フィクション」「ステレオフューチャー」の映画はもちろん見て、時々、NHKが多いがレポーター役などで出演している単発ものや、何代か前の教育テレビの「新日曜美術館」のサブ司会時代を見て、カメラ・写真が好きなたまきさんの一面が見られました。「土曜ソリトンSIDE-B」は良いらしいのですが、残念ながら見ていません。たまきさんが好きな仲間のメーリングリストにも入っていましたが、管理人さんの都合かいつの間にか消滅しました。

そんなとき、突然、皆さんご存知のタモリさんの番組トリビアの泉で「うそつき」の一言で認知度が上がったのだろうと思います。それまでは、誰それ。という感じでしたから。

(勝手ながら)おめでとうございます。きっと上品な雰囲気が醸し出す良い趣味の新婚生活なんでしょうね。

今回は家造りで無いので、にほんブログ村のボタンは無しです。

たまに、突拍子も無い記事が挟まれますが、勘弁してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

工事用の配電盤

駅から家への帰宅の道すがら(22:30頃ですが)、工事現場を覗いてみると敷地内の電柱から、たぶん工事用電気の配電盤への引き込み線とそれを設置するためのポールが立っていました。写真は明日掲載します。(夜だったので感度の悪い私の携帯電話のカメラでは写真が撮れないのでした。残念。)

2009年6月追記:後から分かったのですが、基礎のコンクリート打設時に、バイブレーターを使うので、早い段階から電気が必要だったのです。

3月5日の朝7時半に撮りました。

0903050005

明日、昨年7月ごろ相談した銀行のローン担当者に、電話してみようと思います。ローンの審査の有効期間が半年なので、工事完了し引き渡しの半年前に、もう一度相談に来てくださいとの事でしたので。

日本ブログ村のカウンターです。色々な方が家造りブログを書いています→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

ブログつながり

1)建て主のブログ

2月21日のブログに、越谷のakehomeさんのお宅の完成内覧会におじゃました事を書きました。既に依頼先は決まっているにもかかわらず快く案内してくださいました。内覧会の加藤建築設計(株)さんから、その後順調に進んでいますかと手紙をいただきました。私のブログを楽しみにしているそうです。プロの方に見られていると思うとちょっと緊張(・_・) 初めて顔文字使いました。

akehomeさんのブログは、どうやって探し出したか思い出せないのですが、読んでいてすがすがしいのでお気に入りに入れています。ブログで知り合って内覧会までおじゃまするとは想像していませんでした。でも貴重な経験でありがたいです。

2)木の会社のブログ

無垢フローリングの木魂(kodama)さんは新木場にショールームがあり、靴下を脱いで色々な木の上を歩いて、我が家の床を決めたのですが(栗・桧・杉)、窓枠の奥行きが意外とあることを知り、ここも何か適当な木にしたいと、インターネットで造作材の木村木材工業さんを探しました。ここの社長さんのブログに、なんと、木魂の代表の前田さんが書き込みをして、互いにやりとりをしているではないですか。

無垢フローリングがへこんだ時に、水を垂らしてアイロンでじゅーっとすると元に戻る技は、木村木材工業さんが木魂さんに伝えたそうです。ブログつながり・木つながりですね。お互い、ネット上の店舗としてよりわかりやすいように工夫することに気をつかっているそうです。

我が家の工事は、来週からになるそうです。天気が悪いですから。

にほんブログ村のカウンターです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »