« 横田建設さんホームページに掲載 | トップページ | 住宅ローン減税 »

2008年12月 4日 (木)

キッチンとリビングのつながり

■妻は小さい子供に目が届くようにと、対面式のキッチンを希望している。

ショールームに行くと、地図のように、ペニンシュラ型(左右どちらかの壁にキッチンをつける半島タイプ)、アイランド型(キッチンがどの壁にも付かない島タイプ)があるが、価格が高い。そこで横田建設さんに相談したところI型(キッチンの対面側を壁付けする昔からのタイプ)のキッチンを購入し、ペニンシュラ型のようにキッチンをLDKに置き、キッチンの向こう側は造作によりキッチンのワークトップと同じか少し高い壁を造る提案をされた。実際にこれまでの他の建て主さんもこのようにされている方が多いとのこと。早速取り入れた。そういえば、数年前住んでいた公団もこの作りだった。

このとき、IHヒータ部分の上は換気扇を設置するので天井までの壁にし、その壁のリビング側を収納棚にしてもらう希望を横田建設さんに伝えた。現在読んでいる本・雑誌・新聞とそのストックや、筆記具やレターケースなどのリビングにありがちな小間物を置くための収納です。

昔、IKEAのキッチンの値段が安いので南船橋まで見に行って検討したが(今は11月に開店した新三郷が近い)、細かいところの粗さが気になって(それと妻の好みに合わなかったと思う)、結局日本のシステムキッチンのショールームをまわった。TOTO、INAX、クリナップ、ナスラック、TOYOキッチン、サンウェーブ、タカラスタンダード、YAMAHAで、複数回見たところもある。おすすめは新宿です。甲州街道沿いにショールームが集中しています。もう少し先に行くと新宿パークタワーの3~7階にリビングデザインセンターOZONEがあります。

今、OZONEの事を書こうとしてホームページを見たら、住まいにインテリア+「階段」のところで、「2000年、建築基準法改正で、新築の階段には手摺の取り付けが義務化された。」との記述が有りました。知りませんでしたが、手すりは、階段を下りるときの右手側(利き手)の方につけてもらうように依頼済みです。左側にもつけても良いのですが狭くなります。どちらか一方となれば降りるときの方が手すりを必要とするのでそうしました。間取りの本に書いてあったことを採用したものです。

☆会社からの帰宅時に夜空を見上げると南の方向にオリオン座が見える季節になりました。オリオンのベルト部分を表す3つ並んだ☆が見えますが、3つの☆の外側の胴体を示す4つの☆までは見えます。しかし、その右側の弓を表す☆は街灯が明るいので見えませんでした。ORIONといえば、20年前に就職して最初に保守を担当した会計・財務オンラインシステムの名前です。オリオン座を見るたびに思い出します。このころからの貯金が今生かされようとしています。

★クリスマスイルミネーションが準備の早い家からつき始めました。今私が住んでいる賃貸マンションの近くの一戸建てのお宅では、競うように毎年豪華に飾られ光っています。確かにきれいですが、私は夜景より、冬になり朝よく見えだした富士山の方が心惹かれます。

にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

|

« 横田建設さんホームページに掲載 | トップページ | 住宅ローン減税 »

460 キッチン・洗面台・トイレ・ユニットバス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キッチンとリビングのつながり:

« 横田建設さんホームページに掲載 | トップページ | 住宅ローン減税 »