« 建築知識9月号(2008年)がDVD付きでおもしろい | トップページ | お隣さんとの初対面 »

2008年9月 1日 (月)

同じ分譲地の施工者、読んだ本

8月30日の現場確認のとき、不動産屋さんが14区画の販売で、建築条件がないから、いろいろなメーカー・工務店が建てるので、住宅展示場のようになりますねといっていた。話を聞いてみると、具体名は書かないが、地元の工務店や大手ハウスメーカなどいろいろでした。早いところでは9月5日に地鎮祭をするとのこと。

今日8月31日に図書館から本を借りてきました。

・日経ホームビルダー 住宅現場手帖 防犯住宅 狙われない家づくり 診断と改修のノウハウ

・防犯住宅Vol.2

以上防犯の本2点は、2階のベランダのある吐き出し窓2つにシャッターを付けようか迷っていたので借りてみました。近所の家を見ても、羽目殺しをのぞいて全部の窓にシャッターを付けているうちがある一方で、最近の家は2階の窓には雨戸もシャッターも無い家があります。(これはマンション感覚)

・建て主・設計者・職人 三位一体の合わせ技 本物の家は「こだわり」がつくる

・家づくりのコストを賢く下げる102の方法 →玄関ドアを親子式からシングルドアにすると6万円コストダウンなどの例

・講談社MOOK 新すてきな家づくり①狭さ克服!間取りで成功した500の実例集 →いまさらですが、もっと工夫のできるところが無いかと思い借りました。

にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

|

« 建築知識9月号(2008年)がDVD付きでおもしろい | トップページ | お隣さんとの初対面 »

100 読んだ甲斐があった本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じ分譲地の施工者、読んだ本:

« 建築知識9月号(2008年)がDVD付きでおもしろい | トップページ | お隣さんとの初対面 »