« 間取り確定 | トップページ | システムキッチン、「ESB工法」、本 »

2008年9月13日 (土)

来年からの住宅瑕疵担保履行法

「建築知識」9月号によると、住宅瑕疵担保履行法(特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律)が、2009年10月1日に施行され、施行日以降に引き渡される新築住宅については、建築業者や宅地建物取引業者に、資力確保のため、保険への加入か、保証金の供託が義務付けられ、住宅取得者を保護しようというものらしい。

年間10棟に満たない工務店は1棟あたり200万円の供託金を用意しなければならず、大半の中小規模の工務店は住宅瑕疵担保責任保険に加入するそうだ。この場合国土交通大臣が指定する保険法人が、指定する設計施工基準に則って設計・監理しなければならないとのこと。また保険法人による構造を中心とした2回の現場調査を受けなくてはならないそうだ。

建築会社から今後の段取りのメールがきた。まず地盤調査とのことなので、早速実施をお願いした。また、隣地との境界線上に造るフェンスの見積もりを送ったのこと。お隣さんの別会社と相見積もりとし、良いほうで施工してもらい、費用は折半となります。たぶん私のほうの建築会社の見積もりのほうが金額が高いと思います。社長さんの数回の打合せで分かったのですが、言動から丈夫に作る設計だと思うからです。まずは、見積もりが届いてからのお楽しみ。

にほんブログ村のカウントボタンです。→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

|

« 間取り確定 | トップページ | システムキッチン、「ESB工法」、本 »

300 地盤調査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173993/42457896

この記事へのトラックバック一覧です: 来年からの住宅瑕疵担保履行法:

« 間取り確定 | トップページ | システムキッチン、「ESB工法」、本 »