« 敷地内の駐車位置 | トップページ | 駐車場の位置(その3)・土地の諸費用・間取り打ち合わせ »

2008年8月19日 (火)

駐車場の位置(その2)

不動産屋に、駐車場の位置の取り方がおかしいことを写真を持ってゆき説明した。不動産屋はこれでは26日の市の検査に影響しますので、直させますとのこと。直すついでに、私のほうの敷地は駐車場スペースが未定のため道路面まで掘り下げなくても良く、敷地面の盛り土の高さまで埋めて欲しい、また、上下水道・ガスの配管部分だけ埋まらないように掘り下げて欲しいと頼み、不動産屋は了解してくれた。費用は不動産屋もち。8月末にはできるとのこと。

今日、「いい家は無垢の木と漆喰で建てる」を読み終えた。76ページから構造材・内部仕上げ材で使う木を比較検討している。全編通して、予算が許せば無垢の木をあらゆるところに使いたいという感じだ。階段の段板や蹴込板までも、また押入れの中も桐などで造りたいとのこと。もっともだと思う。170-172ページの基礎と土台の間に挟むねこ土台も、通常は樹脂製だが、青森ヒバ・栗・御影石が良いとある。233ページの押入れの下に地窓を作って風通しを良くするという案は、検討しようかと思った。234ページの玄関の手すりは、年を取っていなくとも、今でも下駄箱や壁に手をついて靴を履いているので必要だと思う。本とは無関係だが、下駄箱が玄関の土間部分までせり出している場合が多いと思うが、このとき靴はどのようにして下駄箱から取るのだろうか?草履でも履いて取りに行くのか。ならば、土間部分まで張り出した下駄箱の部分は床が続いていて歩けるようになっていて、靴を取り出せるのが便利だと思うが。

■2009年6月15日追記

階段は予算の都合もあり突き板です。1階の押し入れは桐板で、2階のウォークインクローゼット内の押し入れの中段セットを桐にしました。玄関は設計の初期段階に社長さんと妻と話し合いましたが、結局、一般的な上がり框の位置と玄関収納です。

house桐のタシロ産業(株)

|

« 敷地内の駐車位置 | トップページ | 駐車場の位置(その3)・土地の諸費用・間取り打ち合わせ »

200 土地購入」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173993/42209439

この記事へのトラックバック一覧です: 駐車場の位置(その2):

« 敷地内の駐車位置 | トップページ | 駐車場の位置(その3)・土地の諸費用・間取り打ち合わせ »